3日目

 昨夜のよもぎ蒸しとマッサージのおかげか、疲れもなく、すっきりと目覚めた。ホテル近くへ散歩へ行く。日曜日で朝早いので、歩いている人はほとんどいないし、お店も閉まっている。少し歩くと、Angel coffeというお店が開いていたので、そこでコーヒーを買う。お店のインテリアやお店オリジナルのマグカップなどがとても可愛らしかった。商品の上にサインがしてあるカップが並べられていたのが気になった。誰のサインだろう?
 少し先のお店の窓越しにキムパブを作っているのが見えたので、一本売ってもらう。(1,000W)それを交差点で食べた。キムパブはこの旅行で初めて食べたけど、とっても私好みの味。おいしかった。卵、ごぼうの煮物、ニラ、ニンジン、ソーセージが入っていて、ごはんの味付けはなんだろう?日本の酢飯とはまた違う。
b0076846_1862395.jpg


 ホテルに戻る途中に高級マンションと、豪邸があり住宅街になっていた。日曜だったので、歩いている人は教会の礼拝へ向かっているようだった。

 荷物をまとめてチェックアウトして、お迎えに来ていた「JJマッド汗蒸幕」のバンに乗る。運転士のおじさんはとても日本語が上手で、昔大韓航空のキャビンアテンダントをしていたという。お店に着いて、説明を受けて基本コースにプラス肩スペシャルを追加した。
(肩こりマッサージ+カッピング+頭皮マッサージ)
一人のお友達はAコースを選んだ。
肩こりマッサージ+足スペシャル+顔スキンケア(石膏、人参、アロエ)
 17:10には江南のホテルに戻らなければならず、今日のこの後の予定もかなり詰まっていたのだけど、エステも日本で受けるにはなかなかこの内容で、このお値段では受けられないということで、思い切って追加した。

 まず、汗蒸幕のサウナに入る。
これは普通のサウナよりかなり高温で、麻袋を被って入る。5~10分もいられればいいらしい。人が出入りすると、温度がすぐに下がるので、以外に長くいられた。でもやはり熱い。
 お水が用意されていて、次に炭サウナ、そして玉サウナと入って、紅参風呂、ゲルマニウム風呂と案内され、垢すりに。私は垢すりは人生はじめての体験。
 垢すりときゅうりパックをしてもたったあと、マッドパックをしてシャワーを浴びて基本コースは終了。
 そのあと、カッピングと肩こりスペシャルマッサージ。
カッピングは私はそれほどいいなぁと思わなかった。 (悪いところがない人はあまり感じないのだそう)
スペシャルマッサージはとても上手だったけど、かなり力が入っていて、痛いと思うことがなんどもあったけど、体の疲れやむくみがすっかりとれた。

 思った以上に時間がかかってしまい、東大門でお買い物をして、サムギョプサルを食べるという計画も、変更を余儀なくされ、化粧品を買うべく、明洞へ向かった。
 
 お腹が空いていたので、まず、食べ物屋さんへ。
明洞餃子へ向かったが、ものすごい行列であきらめた。14:00を過ぎていたのに、少しも戻って、チェーン店のダッカルビなどの混ぜご飯のお店に入った。これが新鮮なタコや魚介類が盛りだくさんで、とてもおいしかったけど、ご飯を頼むのに苦労してしまった。
 漬物やスープ、サラダはバーがあり自由に取ることができた。
魚介類がめちゃめちゃ新鮮で、店員さんが作ってくれる。少し辛かったけど、とてもおいしかった。
b0076846_1872631.jpg


b0076846_14162315.jpg


b0076846_14164477.jpg


食べる時間も惜しく、化粧品のお店をめぐって、それぞれほしいものをゲットした。
「THE FACE SHOP」「BANIRA CO.」「IT’S SKIN」など。
 そして、私は子ども服を買いたかったけど、明洞には若者向けでなかなか売っていない。
あと10分で地下鉄に乗って江南へ戻らなければならかったとき、「BASIC HOUSE」というお店へ入った。ユニクロのような洋服で、お値段もリーズナブル。
b0076846_14173056.jpg


もうここで買ってしまおうと、子どもたちが着れそうな服を、数着選んで、お店の人に渡すと、サイズと商品の番号を調べて、新品を出してくれた。
 ゆっくり吟味する間もなく、手当たりしだい、数品を選びレジでお会計。
レジにカタログあったので、「これもらってもいい?」と聞いたら、「OK!」と言われて、
カタログを見たら、ヒョンビンじゃないの~。お店の人はポストカードをくれた。
ヒョンビンのモデルのお店だったのでラッキー!めちゃめちゃ、満足してお店を後にした。
 家に帰ってもう一人のモデルに気づいてびっくり。なんとユンウネちゃんだった!
b0076846_1418755.jpg


地下鉄で江南のホテルへ戻り、預けていた荷物を持って、集合時間ぴったり17:10。ギリギリ間に合った。
 迎えのバスで空港へ向かう。空港までは渋滞もなく、あっという間に着いてしまい、時間がたっぷり余っている。ちょっとしたショッピングモールがあり、余ったウォンを使いきろうと、子ども用のお箸とスプーン、セブンイレブンオリジナルの韓国海苔を購入。セキュリティーを受けて、中へ入ったら、本当にしょぼいDUTY FREEがあり、ドルがあったので、それでお買いもの。でも値段が高~い!キムチなんて15ドルもしてる。チャンジャだけ買った。キムチは大久保で買いましょ。
 
 20:10に離陸して、羽田へ向かう。
機内食のお弁当を食べ、ビールとワインをしこたま飲んで、あっという間に到着。
そうそう思い出した!めちゃめちゃイケメンのキャピンアテンダントがいて、酔っ払いの私(たち!?)はいろんなお願いをしちゃいました(笑)
韓流ドラマで目の肥えたおばちゃまたちが乗るソウル便だからこそ、彼が選ばれたんでしょうか?
 家に着くと子どもたちは爆睡。ああ、帰って来ちゃったのね。夢のような3日間だった。 
[PR]
# by brubruce | 2009-05-02 14:18
 2日目
 
 興奮して早くに目が覚め、シャワーを浴びた。いよいよ街中へカジャ
b0076846_181128100.jpg


7号線地下鉄鶴洞(ハクドン)の駅でT-Moneyのストラップにチャージ。
前にお友達から韓国のお土産でいただいたストラップと、T-Moneyカードが大活躍。私のストラップにチャージ出来なくて手こずっていたら、地元の人が親切に手伝ってくれた。
b0076846_228441.jpg


で、何の確認もせず、改札を通ったら、乗るつもりの方向と逆だった~。でも今回の旅行のナビ担当となってしまったお友達が調べてくれて、どっちからでも明洞方向へ行けることがわかり、そのまま乗る。
b0076846_18122856.jpg


 地下鉄はホームに扉が付いていて、日本の車両より、かなりレールの幅が広いので、ゆったりしている。シートは固いベンチだったけど、汚れなくていいかも。車両の中で携帯で通話している人を頻繁に見かけた。漢江を渡るときは一度地上へ上がる。景色がとてもいい。一度途中で乗り換えて、支庁で降りた。地下街に沢山のお店があったけど、まだ早い時間だったので、閉まっていた。
 
 地上へ上がると、すぐに南大門市場。目的のお粥のお店はこの市場を通るのが早いけど、魅力的なお店がいっぱいあって、すんなり通れそうにない。途中、地元の人が、次々と肉まんを買っているお店があっておいしそうだった。そのまま食べられるのか分からなくて、買わなかった。あまりにもお腹が空いていたので、小公粥家というお粥のお店へ急いだ。
 お店はこじんまりしていたけど、満席。ガイドブックに載っているからかみんな日本人。日本語でアワビのお粥(9,000W)ともう一品モドゥンアルソッパブ(11,000W)(牛骨スープでたいたご飯の上にトビウオの卵、イクラ、カキなど30種類の具が乗っている)注文して、3人で分ける。
b0076846_18131971.jpg


b0076846_13423893.jpg


b0076846_13432447.jpg


b0076846_13442731.jpg


その後、南大門市場へ。かばん屋さんが多くて、店先にはブランドのコピー品の小物が売られている。でもこれはみせかけの商品。
市場を歩いていると、「本物そっくりのあるよ~」と何回も腕をひっぱられた。
b0076846_13591074.jpg


b0076846_1348969.jpg


 そこから明洞まで歩く。道に屋台が出ていて、通れないほどのにぎわい。いろんな食べ物が売っていて、特に、虫(蚕?)のようなものを煮込んで売っていたのにはびっくり。これは他のいろいろなところで見かけて、紙コップにいれて、楊枝でつつきながら、カップルが食べているのをみてかなり引いた。匂いも強烈でこればかりはダメ。
 南大門市場ではやはり日本人などの観光客には値段をふっかけてくるお店が多いよう。2つの買い物で失敗したものがあった。おおよその品物の値段を知っておくのも大事かも。
江南はそうでなかったけど、ソウルの繁華街は横断歩道というものがなく、道を渡るのには地下道をくぐらなくてはならない。これがなかなかしんどい。地下へ降りる階段には3分の1は露天商の商品が置かれて売られている。
b0076846_13492874.jpg


 明洞を少し歩いて、ピビンパで有名な全州中央会館へ。ピビンパ(9,000W)と海鮮チヂミとビールを注文。歩き疲れたのでビールがうまい!街中にもいろいろ支店を見かけた。元祖というだけあって、おいしかった。一度は食べておかないと。
b0076846_18141242.jpg


b0076846_1351163.jpg


b0076846_13513152.jpg


b0076846_13515744.jpg


b0076846_18135457.jpg


長い一日はまだまだ終わらない。

 乙支路入口駅から出ている14:20発の無料シャトルバスに乗るために急いでお店を後にしてバス乗り場へ向かったけど、地図がアバウトなのと、意外にも距離があり、結局シャトルバスに乗れず、タクシーを拾った。景福宮を左手に見て、(車から観光)わきの道を入っていくのだけど、三清洞のあたりが渋滞していて、車が進めない。そこを抜けたら、車はスムーズに進んだ。三清洞は土曜日だったのもあり、ものすごい人。観光客もいたと思うけど、地元の人もたくさんいたようだった。おしゃれなカフェが沢山あった。
 途中から、坂道になり、トンネルを抜けると、左手に「三清閣」の門が見えた。
ここは、韓国ドラマ「宮」「食客」などのロケ地として使われている。建物のまわりはかなり急な坂道。門の前で降ろそうとする運転士さんに、もっと上まで上がってと一番上の駐車場まで行ってもらった。結婚式が行われていたようで、参列の方や新郎新婦がちょうど帰るところだった。おそらく貸切だっただろうから、気になっていた「異宮」という宮廷料理のレストランはその日は入れなかったと思う。(車は20分ちょっとかかった。5,300W)
b0076846_1412330.jpg


b0076846_140823.jpg


b0076846_1414562.jpg


b0076846_1422666.jpg


b0076846_1814419.jpg


 一番大きな建物の中へ入りお茶を飲むことにした。テラス席からの眺めは最高で、ソウル市内と城壁のようなものがある山の方にはまだ桜もさいており、登山道のようなものもある。天気がよく、ちょうどよい気候で、とても気持ちが良かった。私はクランベリージュースでお友達はナツメのジュース。良く見かけたお茶菓子もついていた。
 ちょっと市内から離れているので、なかなか観光ルートに入らないかもしれないけど、おすすめのスポット。
 
 16:00発のシャトルバスに10分ほど乗り、仁寺洞の前でバスを降りた。
骨董品やら韓紙のお店やらお茶の道具などのお店が続いている。
 お茶のカップ(一つ13,000W)を購入し、隣の刺繍のお店でコースター5枚入り(10,000W)を買い(このお店はものすごく丁寧にラッピングしてくれて、お店のオーナーの方がとてもこだわっていたお店で素敵だった)近くにあった傳統茶院という耕仁美術館の敷地内にあるお店で、建物が素敵で、とても雰囲気のよい空間にあるお店だった。
b0076846_1431668.jpg


b0076846_18154751.jpg


五味茶を頼んだ。お茶にお菓子がついているのかと思ったら、別の注文だったのか、(他の人にはついているのに…)私たちにはなく、お店の人に聞くと、10個で4,000Wといわれ、そんなに食べられないので、頼まなかった。
そこを後にして歩いていくと、韓紙のお店で、義母が玄関に額に入れて飾っていた紙を見つけた。その紙のお値段なんと2,000W。持って帰るのが大変だと思ったけど、2種類その紙を購入した。
b0076846_1435020.jpg


 この時点でかなりの疲労が…
スタバで買ったコーヒーがおいしかったこと。お腹もすいて、屋台のホットクを買う。(900W)中にメープルシロップが入っていておいしかった!
 交差点でタクシーを拾い、ロッテデパートへ向かう。
この日のこの後の予定ではロッテマートで買い物をした後、江南へ戻ってサムギョプサルを食べ、江南の地下街でお買いものする予定だったが、3人とも重い荷物を持ち歩いており、かなり限界に近く、ロッテのDFを見たあと、よもぎ蒸しのお店へ行こうということになり、急遽21:00に予約を入れた。ロッテデパートの地下のフードコートで食事をし、タクシーでよもぎ蒸しのお店、「ドリームバスⅡ」へ向かった。
ロッカーへ荷物を預け、、ビニールのかぶり物を首からかぶり、よもぎ蒸しのイスに座る。3種類のよもぎから選ぶことができて、「ダイエット」「美容」「婦人病」とわかれており、私は「美容」を選んだ。座るとすぐにじわじわと汗が出てきて、かなり熱い。30分座っているのだけど、そうとう汗をかいた。顔が熱くならない分、なんとか我慢できる。最後の5分だけ、頭まですっぽりかぶる。体があたたまったまま、すぐに隣の部屋で、オイルを使って、全身マッサージと海藻顔パック(30~40分)。マッサージがとっても上手で至福の時間。一日の疲れが吹き飛んだ。一日の最後にここに来て良かった。
基本コースはクーポンがあったので、60,000Wが54,000Wとなった。
 お友達はこのよもぎ蒸しのイスを購入したいと言ったところ、900,000Wで一式販売してくれるとのことで、次回本当に購入するそう。(笑)私も欲しいなぁ~。
 帰り、車で送ってくれるとのことでお願いして車に乗るとき、お店の人に江南までだったとは聞いてなかったのか、かなり不機嫌そうだった。やっぱり江南は遠いのね。

{追記}

韓紙とは??

韓紙の特徴として、繊維質が多く、コシがあり、なおかつ触感がよいことがあげられます。また埃がつきにくく、軽くて吸着性がよいのでいろいろな用途があります。代表的なものとして絵,、書道、韓紙人形、韓紙工芸品,、韓紙絵、韓紙壁紙などに幅広~く利用されている万能紙!!なんです。(下記HPより転載)
http://www.konest.com/data/shop_mise_detail.html?no=900 
[PR]
# by brubruce | 2009-05-02 14:05
 まさかこんなに早く実現するとは !
まだまだ手のかかる子どもたち。友達と旅行へ行くのはもっと先のことかなぁと思っていた。
計画から実現まで、日程的に無理かもと思いかけていたところ、一気に話は進んだ。
 ドラマ「チャングムの誓い」で韓流ドラマに足を踏み入れ、一昨年の冬に「宮」で一気にはまり、その後見たドラマの数はかり知れず(笑)
 最近のウォン安でマスコミでも韓国特集を組むなど、韓国旅行をする人が多く、有楽町の旅行会社のカウンターも端から端まで、韓国へ行く人だったのには驚いた。飛行機は羽田発→金浦着でホテルは明洞泊で5万以内で行けるツアーを探していたけど、ホテルがいっぱいで取れなくて、江南のインペリアルパレスホテルとなった。
 
 1日目
 金曜日、羽田の国際線のターミナルはシャトルバスに乗るとも知らず、意外に不便で、狭い空港で驚いた。羽田16:35発で、飛行機が離陸したと思ったら、お弁当と飲み物のサービスがあり、金浦には18:50にあっという間に着いてしまった。外はまだ明るく、夕日が沈む風景がとても奇麗だった。
b0076846_12482732.jpg


空港からホテルまでは私たちだけしかいなくて、小さなバンに乗ったのだけど、渋滞で車酔いしてしまった。ゆっくり外の景色を眺めて、ガイドさんにいろいろ質問しようと思っていたのに…ずっとグロッキー状態。 
 ホテルに着いたのは21:00を回っていた。郊外のホテルだから安いツアーでも、ランクのいいホテルだとは知ってはいたけど、着いて2度びっくり!めちゃめちゃいいホテルでないの。それに、ここは見覚えのある…そう、「宮」でシンが車を運転して、監禁されているヒョリンを訪ねて行くホテルだぁ~。絶対そうと確信。車酔いも一気に吹き飛んだ。
b0076846_1249332.jpg


b0076846_1250736.jpg


 とにかく荷物を置いて出かけなきゃと、ホテルの人に「COEXモールに行きたいけど、何時まで開いているか?」と聞いたら、もう閉まっていると思うと言われたけど、ガイドブックには22:30と書いてあったので、一か八かタクシーを飛ばしていくことにした。 
 AK免税店もすでに閉まっており、そこから地下へ行くと、やはり店は閉まっている。夕方飛行機でお弁当は出たものの、お腹もすいているので、フードコートを探すことに。
 しばらく歩いていると、右手にCOEXアクアリウムが。ここは「私の名前はキムサムスン」などでも出てくるところだ!と一人で感動。
 さらに先に進むと、いくつかのお店が開いていて、時計屋で、私の時計(29,000W)をGET。そして、化粧品のヨン様が宣伝している「THE FACE SHOP」へ入る。私も友人も、化粧品のお買いものはかなり楽しみにしていて、IKOさんの本まで買って勉強していた。2日目の明洞で買う予定だったので、ここではお試し用にとフェースシートをいくつか買い、小物や口紅もいくつか購入。
 閉店間際だったのに、店員さんは丁寧に対応してくれ、人もいなかったのでゆったりと見れた。後から思うと、予想はしていたけど、明洞などの繁華街は観光客、地元の人でごったがえしていて、品物も人気商品は品切れだし、フェースシート(1,500~3,000W)などはバラ売りではなく、バック売りになっていたので、江南で買っておけばよかったと後悔。
b0076846_1250483.jpg


 食事は韓国料理の食堂風のお店で、餃子とトックのスープ、キムパブ、冷麺のようなものを注文(名前を覚えてない)少し辛かったけど、どれもとても美味しかった。
b0076846_18184241.jpg


b0076846_12512111.jpg


b0076846_12514999.jpg


b0076846_1252789.jpg


 11:00を回っていて、さすがにどのお店も閉店。ホテルに戻ることにした。さっそくフェースシートをお試し。私は漢方のシート。これがとてもよくて、お肌しっとり。たっぷりしみこんでいるので、顔からはがして、足や体にもペタペタ。もっと買うぞー!
 翌日は、南大門、明洞、清洞閣、仁寺洞の予定。

100W=約8円
[PR]
# by brubruce | 2009-05-02 12:53
一週間前は、一分咲きくらいだった桜坂。
b0076846_23565979.jpg


b0076846_23572667.jpg


よくこの坂を通るけど、桜が満開の時に通ったことはなかった。
そして、昨日行ってみると、
満開
b0076846_23595519.jpg


b0076846_23582316.jpg


 一年前の今頃は引っ越しであわただしく、お花見どころではなかった。
 今年の桜はゆっくり落ち着いて見れた。
ドラマや挿入歌で有名になった桜坂。近所の人も遠くからの人も、多くの人がこの桜を見に訪れる。

 坂を下って、多摩川線の沼部駅を越えると、多摩川の土手に出る。
土手沿いの道を下流の方へ向かっていくと、左手にずーっと(1㌔以上はあったかな)桜が続いている。満開の桜並木は本当にきれい。
桜の木の下では沢山の人がお花見をしていた。
土手沿いの道は物凄い人で自転車を押しながら歩いた。
土手からキャノンの脇を通り、コメダコーヒーへ行った。
一息ついたところで、池上本門寺へもと思ったら、さっきまで晴れていたはずなのに、
急に雨。
あわてて帰路についた。
[PR]
# by brubruce | 2009-04-05 23:58
友人のお宅で開催されていたタイ料理教室。以前からとっても興味があり、今回初めて参加させていただいた。
先生は3分間クッキングに出演されたこともある、タイ料理研究家の先生。
 
 テーブルの上には見たこともない食材や調味料が並んでいる。
観葉植物の葉っぱのようなものまで。一体全体どんな料理になるのやら。期待に胸を膨らます。

 タイ料理はご飯に良くあう料理が多く、味覚には「甘い・辛い・酸っぱい・しょっぱい」という4つの味の組み合わせがベースとなり、それにさまざまなハーブやスパイスの香りが複雑に絡み合って魅惑的な奥深い味が生み出されていきます。(タイ国政府観光庁発行のパンフレットより)

 本日のメニューは
パネーン・ヌァ(牛肉のパネーンカレー)
ヤム・ソムオー(ソムオーのサラダ)宮廷料理
カノム・パン・サンカヤー(タイ風カスタードクリーム&熱々パン)
b0076846_2314856.jpg


b0076846_2322364.jpg


教室の皆さんはすでに8回目ともあって、すでにグリーンカレーやレッドカレーは勉強されていたので、今回はパネーンという汁気の少ない濃厚なカレーというのに挑戦。
ほとんどのタイの食材やスパイスは大久保にある「アジアスーパーストア」や「KALDI」というお店で手に入るらしい。
パネーンカレーペーストは市販のものを使うのだけど、ここに、先生の独自のスパイスが加わる。このスパイスで断然味が変わってくるという。
先生は、いくつかの材料やスパイスをご自宅で準備されてきていて、独自のスパイス、ニンニクを揚げたもの、ココナッツを空いりしたもの、ホムデーン(玉ねぎのようなもの)を揚げたりと教室では手間も時間もかかる仕事してくださっているので、とてもスムーズでおいしいものが出来る。
 カレーはペーストとココナッツミルクを丁寧に混ぜるのが少し手間だけど、ここをしっかりすれば、あとは材料を入れるだけ。
b0076846_233182.jpg

b0076846_2332699.jpg
 
そして、宮廷料理のサラダがこれがびっくりな食材。なんと、文旦(スゥイーティーでも可)とささみと海老とピーナッツ、揚げニンニク、揚げ干しエビ、揚げホムデーン、ナンプラー、タマリンド(のし梅のような味の食材)などを和えたサラダ。文旦は実を丁寧にほぐす。この仕事の細かさが宮廷料理なのか?
いったいどんな味になるのやら全く想像がつかなかった。
これがびっくりするくらいおいしかった。
b0076846_234170.jpg

b0076846_2342597.jpg


 デザートはバイ・トイという観葉植物の葉っぱのようなものを水とフードプロセッサーで混ぜて、そのしぼり汁をココナッツカスタードクリームと合わせて、パンにディップして食べる。青汁?そんなような汁だったけど、くせもなくおいしかった。タイではポピュラーな食材らしい。
b0076846_2344979.jpg

 先生のひと手間と丁寧な料理の方法、そして、出来あがったものを熱々にして、適温で出してくださり、カレーも何度も温めなおしていたりと、最高の状態で食べてもらおうとする先生の心使いに感激。
 
 生徒の方はお店でも、何か物足りないと感じることもあるそうで、先生のレシピのタイ料理が最高と言われていた。

 おいしかった。
またいろんな料理を作ってみたい。 
[PR]
# by brubruce | 2009-03-02 23:06
厄除けをするために浅草の浅草寺へ行った。
昨日からの雨で、いつもより人出は少ないように感じた。
b0076846_23385061.jpg


b0076846_23391843.jpg


b0076846_233941100.jpg


 厄除けしたあと、遅めのお昼。子どもたちのリクエストで、もんじゃとなった。
 真っ黒い天丼で有名な大黒(とても有名なので、前から食べたいと思いながらも、いつも行列ができていて、今だ食べたことがないお店で、今日は並んでいなかったので、行きたいと言ったら、子どもたちに却下された)の前にある、「ひょうたん」というもんじゃ屋。どっちの料理ショーに何度か出演したことらあるらしい。
b0076846_2340448.jpg


 浅草はもんじゃ屋が何軒もあるので有名だけど、食べたのは初めて。
お店の看板メニューの特選もんじゃと100%山芋つなぎの貝柱天とピザ天を食べた。
 特選もんじゃは明太子、えびやイカなどの海鮮類と干しエビ、おもちが入っていた。しっかり味がついているので、味付けなしで食べられる。最後にのせた紅ショウガがなかなかおいしかったので、これは新たな発見。
b0076846_2341208.jpg


b0076846_23405337.jpg


 山芋100%のお好み焼きはふわふわでこれもおいしかった。
味は良かったけど、どちらも我が家には量が足りなく、あまり食べた気がしなかったので、お腹いっぱいにするには物足りなかった。
 デザートを求め、去年も行った、満願堂の「芋きん」を買って食べた。そして、浅草の至る所にある舟和の「あんこ玉」と「芋ようかん」を購入。
b0076846_23414963.jpg


b0076846_23421437.jpg


 その後、合羽橋まで歩いて、フライパンを探しに行った。時間が遅かったので、閉まっているお店がほとんど。結局フライパンは買わず、主人が前から、チャーハンを作るのに欲しいと言っていた、おたまを購入。「ちょっと大きいんじゃないの?」と小さい方を勧めたけど、結局中サイズにした。使いこなせるのかなぁ? これを使うには中華鍋を買わないと…
 キッチン用品を見るのは大好き。今日はあまりゆっくり見れなかったので、また行ってみたいなぁ。
b0076846_23423534.jpg


[PR]
# by brubruce | 2009-01-31 23:44
 ラゾーナ川崎の中にある、ル・クルーゼの直営店。
 30%offのセールをしていたので、覗いてみたら、お店を出た時には鍋を手にしていた。
 
 ル・クルーゼのホーロー鍋は随分前から、気になっていたのだけど、あまりにも重いので、使い勝手などどうなのかなぁと思い、なかなか買えなかった。勝どきの輸入家具のお店が閉店セールをしていたとき、輸入品で、ハート型のココット・ダムールが格安で売っていたので、衝動買いした。
 カレーなどの煮込みものは圧力鍋で作っていたのだけど、最近はルクルーゼが大活躍。食べざかりの子どもたち。このお鍋は4人前くらいの大きさなので、もう少し大きいサイズが欲しいなぁ、と思っていた。
 お店や雑誌などをみると、色はたくさんあるし、形もいろいろ。

 悩んだ挙句、一回り大きい鍋ではなく、マルミット(22㎝)というお鍋。
お店の人の話だと、日本正規輸入品では廃番になっていて、今お店にあるもので販売終了とのこと。
廃番になってしまったものの、ル・クルーゼを愛用している人にはとても人気のあるお鍋だという。
私が買ったものは、中が黒いもので、(たしか鉄をコーティングしてあると言っていた)中華などの炒め物。炒めてから、煮物をする料理。揚げ物にも使えてとても便利だそう。
 ちょっと奮発したけど、とても良いお買いものができたと思う。

http://www.lecreuset.co.jp/ ル・クルーゼHP
b0076846_0335831.jpg


b0076846_0342479.jpg


b0076846_0344016.jpg


[PR]
# by brubruce | 2009-01-07 00:36
 外は寒いけど…
 お店に一歩足を踏み入れると、温かい気持ちになる。
 見ているだけで幸せ。
b0076846_23535034.jpg

 
b0076846_23541354.jpg


b0076846_23543617.jpg


b0076846_2355333.jpg


 食べて幸せ。

…で いつから始めるダイエット!!!

 
[PR]
# by brubruce | 2009-01-06 23:56
 インフルエンザの予防接種の帰り、子どもたちはマックへ行きたいという。土日限定のポケモンのシールをもらうために。銀座のマック、あそこもなくなったし、たしか、三越脇のバス停の前にあったはず…行ってみると、辺り一帯ビルが取り壊されてなくなっていた。
 築地の交差点のマックまで歩くことにした。お正月用品の買い出しで14:00は過ぎていたのに、まだかなり賑わっていて、お店も結構開いている。
「どうしてもマック?お寿司とか食べたくない?」と私。息子はお寿司に気持ちが動きかけたけど、娘が絶対に譲らない。
 マックでハッピーセットを頼み、カレンダーまでGETして帰る。
せっかくだから、築地をぶらぶら。息子が大好きな伊達巻を購入。
 そのまま勝鬨橋まで歩くことにする。
勝鬨橋を渡ると、デニーズの前のところが少し変わっていた。デニーズの前から、川べりまで降りるための橋と階段が出来ていた。以前は、デニーズの脇のマンションの私有地を通らなくてはならないので、そのマンションの前の川べりに降りることができなかったけど、それが出来るようになっていた。
私はこのマンションの前の川べりからの勝鬨橋をバックにした景色が一番好き。
今まで、テレビのロケなどでも使われることがなかったけど、これからはもしかしたら、使われることがあるかも知れない。
 そして更に、行き止まりだったところに、勝鬨橋の下を通る道が出来ていた。
なんと勝鬨橋を下から見ることが出来る。今までは船に乗らないと見れなかったので、なんだか嬉しい。その道は反対側までつながっていた。
橋の下は釣りをする人には絶好のポイントだそう。
 ここまで来たら、月島にまで行かないわけにはいかないということで、月島まで更に歩く。
そして、もんじゃ「花菱」でもんじゃを食べて帰った。
b0076846_21443870.jpg


b0076846_21514571.jpg


b0076846_2150453.jpg


b0076846_21462624.jpg


[PR]
# by brubruce | 2008-12-29 22:04
 先日、息子のサッカーの試合が雨で中止になった日に、イクスピアリへ「崖の上のポニョ」を観に行った。
 最近遠ざかっていたディズニーリゾート。舞浜の駅を降りると、やっぱりワクワクした気分になる。ディズニー好きの血が騒いでしまう。まずは映画の座席の予約をしに、イクスピアリへ向かう。ここの映画館はとっても穴場だと思う。余裕で席を予約でき、子どもたちを劇場内へ連れて行く。私も観ようかどうしようか迷ったのだけど、久し振りのイクスピアリをゆっくりと堪能したかっので、別行動となった。b0076846_2351578.jpg

 ショップをブラブラしたあと、ピエールエルメでお茶をすることにした。
セットで1200円で飲み物はプラス300円
b0076846_23522575.jpg

ガトーサラー
マロン入りビスキュイ、パッションフルーツのジュレ、抹茶クリーム、マロンクリーム、パッションフルーツのグラサージュ、
エモーションサラー
パッションフルーツのクレームブリュレ、マロンクリーム、マロンポワレ、抹茶のジュレ、抹茶クリーム、パッションフルーツのジュレ
マカロン

イクスピアリのピエールエルメは、子連れもたくさんいるし、気軽に入れる感じ。のんびり、ゆっくりと味わえた。

 子どもたちが映画を観終わり、食事をして、息子の希望のお店「天賞堂」へ行き、ディズニーリゾートラインに乗ることにした。
b0076846_2353712.jpg

乗車料金が、200円から250円に値上がりしていた。
巨大駐車場に置かれた、パイロンがミッキーの形。
b0076846_2353275.jpg

「隠れミッキーみっけ!」と子どもたちが喜んでいた。
2周お付き合いして、ディズニーランドステーションで降りる。
 
 随分前から工事をしていた、ディズニーランドホテルを覗いてみることにした。
ランドのエントランスの真ん前にどどーんと建ったホテルは圧巻。
ランドのワールドバザールと同じビクトリア調様式のデザインとのこと。ビーターパンや白雪姫、アリス、シンデレラのキャラクターの部屋もあると聞いていたので、HPで部屋の写真を見てみたら、もっと子ども向けの部屋なのかと思いきや、優雅で、落ち着いた雰囲気で、大人向けな感じ。ディズニーランドのリゾートホテルなので、子どもたちがバタバタ走りまわっても、おのぼりさん丸出しでも、全く気を使わなくていいのが、いいのか、悪いのか。
b0076846_2354179.jpg

b0076846_23544860.jpg

b0076846_235565.jpg

 建物の左側に気になるショップを発見。
「ビビディ バビディ ブティツク」
b0076846_2355432.jpg

子ども向けのビューティーサロンという。ドレスを選んで、ヘアメイク、メイクアップ、ネイルをしてくれ、写真を撮ったりするらしい。
お店を覗いたら、ちょうど二人の女の子がヘアメイクをしてもらっていた。そのその後、ロビーでドレスを着た二人に会った。
娘も「着てみたい!」と言うかと思ったら、全く反応していなかった。
クラウンコースだと、ドレスも靴も貰えて、ヘアメイク、メイクアップ、ネイル、写真撮影で使用したメイク道具などを貰えて、25,000円だという。そのまま、インパークもOK。小学生以下はハロウィン以外でもコスプレOK。

 子どもたちには何度もせがまれている、ランドとシー行き。
私は少しディズニー熱が冷めていたので、そのうちにね~。生協で安いチケットが買えたらね~と言ってごまかしているんだけど、ちょっと行きたくなってきた。
でも朝から晩まで付き合うのは疲れるなぁ。空いているときないかなぁ。
[PR]
# by brubruce | 2008-09-07 23:58