カテゴリ:映画( 1 )

 昨日木場のイトーヨーカ堂にて「カーズ」の映画を観た。
「トイストーリー」「モンスターズインク」「ニモ」などのピクサーの映画は私が大人になってから公開されたものばかり。もちろん大好きだけど、映画を子どもの頃に観た時の気持ちとは少し違ってる。大人の感じ方になってしまったのか・・・仕方ない。
 「カーズ」はあまり期待していなく、初めのほうも「なんだいまいちかも・・・」と思っていたら、映像がCGか実写なんだか分からないくらい素晴らしくきれいで、ラジエータースプリングスという町が古き良きアメリカを映し出していて、のめり込んでしまった。「ルート66」という今ではハイウエィが出来てしまった為、幻となってしまった道路が登場するのだが、これは子ども向けというより、カーズを観せに連れて行く親のためにつくられたとしか思えなく、子どもは車を観て楽しみ、親は古き良きアメリカの時代の物語を楽しむといった奥深い構成にやられてしまった・・・
 私はルート66を通って車で東海岸から西海岸まで旅行したい!という夢がある。といっても現実では無理かもしれないけど、いつかチャンスがあったら行ってみたい。
 先日京都の伯母の家に泊めてもらった夜、長い時間いろいろなお話をした。伯母がアメリカに住んでいた時、車でこのルート66を旅行したという話を聞いたばかりだった。子どものころから伯母のアメリカでの生活の話を聞いて私はアメリカに憧れを抱いていた。今回の映画にも登場するようなあたり(ラジエータスプリングスは実在する町なのか分からないけど)の砂漠を走った時はご主人の額に伯母はビニールに入れた氷を当てながら走ったとか・・・でもあとから聞いた話では現地の人は昼間に砂漠を走るような無謀な事はしないそうだとか・・・

「カーズ」DVD化したらすぐにまた観たい!
[PR]
by brubruce | 2006-07-27 23:16 | 映画