昨日、江ノ島へ行った。江ノ島ヨットクラブ主催のクルーザーの体験セーリングを子ども達と楽しもうと、父が申し込んでくれていた。(2時間で大人3000円)朝7時半に東京駅から東海道線に乗る。朝食を食べるためにちょっと贅沢してグリーンに乗った。スイカで改札前かホームでグリーンの登録をすると割引になるという。席の天井の部分にスイカを当てるとランプの色が変わりチェックされたことになる。こんなシステムになっていたなんてびっくり。息子も新しい東海道線の車種で喜んでいた。大船で乗り換え湘南モノレールで江ノ島に向かう。途中ザーザー降りの雨で心配になったけど、江ノ島に着いたときにはすっかり上がっていた。江ノ島のヨットハーバーには15年ぶりくらいに来た。プールがなくなっていたけど、昔と変わっていなかった。子どものころヨットに乗る父に連れられて何度か来た事があった。b0076846_044520.jpg

 クルーザーはミロス4という船で25人乗り。冷暖房完備、トイレ、キッチンなど生活するのに十分な設備で、自動操縦装置やGPS搭載している。船長とスタッフ1人、私たち6人ともう1人のお客さんとで9人で出航。2時間ほど相模湾をクルージングした。ハーバーを出航すると操縦は自動なので、ヨットやブイを避けるために、10度や1度ずつ方向を変えるボタンを押す操縦だけでいいので本当に凄い。b0076846_031089.jpg

 相模湾内は蛸壺や定置網がいたる所に張ってあり、それに引っ掛けないように気を遣うらしい。海が黒く見えるところに魚の大群がいて驚いた。網を入れたらごっそり獲れそう。
 とても気持ちの良い天気で暑すぎず寒すぎず、波も穏やかで最高のクルージングだった。
江ノ島を裏側から見たのも初めてだったし、スタッフの方がとても親切で、いろいろなお話をしてくれてとても楽しかった。子ども達も大喜びで、また是非乗ってみたい。1日10万円でチャーターできるらしい。(屋形船も同じくらいだけど、屋形船は食事が付くからちょっと高めかな)。仲間を沢山集めれば少ない負担で楽しめる。b0076846_042496.jpg

 昼食後、江ノ島展望台に登った。展望台へ向かう道はお土産やさんが並んでいて、賑やかで、どこか遠くの観光地に来たような旅行気分になった。エスカーというエスカレーターで登ったので楽チンだった。景色も良くて最高。この日は富士山は見えなかったけど、天気が良いと見えるらしい。b0076846_055349.jpg

 帰りは江ノ電と東海道線で帰ってきた。爆睡。
[PR]
by brubruce | 2006-08-28 00:06
 先日お台場のヴィーナスフォートのスポーツオーソリティーに行ったらなんと消えてなくなっていた。たしか冬にはあったのに・・・そこにはファッション系のお店が並んでいた。そんな中、目に入ったお店がゴムのサンダルのお店「crocs」。ソニープラザでは見かけたことがあって前から気になっていた。子ども用がとても可愛く見えて、試着。娘にと思ったのだけど、サンダルをこの夏買ったばかりだったので、やめてしまった。
 そうしたらこの間、サンダルでお転婆娘が走ったらぶっちりと切れてしまった。まだまだきれいだったのに。500円だったとはいえショックだった。
 明日は海へ行く予定なので、やっぱりあの「crocs」を買いに行くしかないわ!と思い、子ども達を連れてお台場へ向かった。
 今とても人気があるらしく、お客さんがひっきりなしに買っていく。先日お店に来たときよりも商品もかなり少なくなっていて、娘のサイズのものはほとんど売り切れだった。私のサンダルと娘のサンダルを購入。家でスリッパのように履いてみたけど、なかなかいい。室内履きにもいいかも。軽いし、足にフィットするしで明日は楽しみ。
 「crocs」のHPより抜粋
選ばれる理由 ベスト3
1.) とても柔らかく、すごく心地よく、足にぴったり合ったカタチをしている。
2.) 軽い。わずか6オンス(約168グラム)
3.) 通気穴が空気を通し、足を涼しく保つ。
まだまだ理由が…。
4.) 足跡がつかない、すべりにくい靴底*。
5.) 細菌の繁殖や臭いを防ぐ。
6.) センス抜群のイタリアンスタイル。
7.) 水はけも、砂のはけもよい、通気穴。
8.) 水洗いできて、漂白もできて、清潔。
9.) メンテナンスが簡単。拭くだけできれいに。
10.) 体に負担をかけない足底で、究極の快適性とサポート感

クロックスを「快適」という伝説的な地位に押し上げたのは、この”クラシック”です。一日中歩き回りながら、ファッションで自己主張できる。そんな、機能とデザインを兼ね備えたシューズ。ストラップを前に倒せばスリップオンサンダルに、かかと側で使用すれば歩行時のサポートを高めるだけではなく、車の運転などにも使用可能です。ストラップカラーを交換して自分だけのオリジナルクロックスを簡単にカスタマイズ出来るのも楽しみです。また、クロックスシューズの大きな特徴である『クロスライト材』を全面採用しているため、保温力に優れ、クッション性もよく、とても軽いシューズです。アーチトップ、サイドに通気穴がある事により、蒸れにくく、ルームシューズとしても最適です。 広くゆったりとした、体に負担をかけないフットベット(足底)に、先進的なつま先通気システム。そして、すべりにくく、足跡のつかない靴底。『クロスライト材』を全面採用しているため、保温力に優れ、クッション性もよく、とても軽いシューズです。『クロスライト材』はクロックスが開発したオリジナル素材で、”クローズドセル(分子と分子の間に全く隙間のない)”という特殊な分子構造をもっており、素材自体にバクテリアの侵入を防ぎ、細菌の繁殖を抑え、臭いも付着しにくくなります。また、もう一つこの素材の大きな特徴としては、履いていると時間の経過とともに自分の足に馴染むようになるため、足裏への総接触力を効果的に低減させることができます。その結果、足にかかる筋力疲労度を最大62%抑制し、『より高い快適性』を得られる事が、人間工学による検証でも実証されています。

b0076846_23261797.jpg

黒(BLACK) classic S(22-23㎝) 3,990円
水色(LT.BLUE) kid aspen 10.11(17.5㎝) 2,980円
普段履いている靴のサイズよりも小さめのほうがフィットした。
[PR]
4年ほど前、新横浜のラーメン博物館に行ったら、入口に長蛇の列が出来ていて、諦めた事があった。夏休みも残りわずかなので、急に思い立っていく事にした。
 11時20分ころ着いて、待たずにすんなりと入れた。入口から一番奥にあった、世界に一つだけの、オリジナルカップヌードルが作れちゃう!「マイカップヌードルファクトリー」に行った。待ち時間はなかった。まず、自動販売機で空のカップを購入(300円)し、ペンを使ってカップに自分の好きな絵を描く。そして次にハンドルを回して麺をカップの中にいれ、隣のブースに移り、味(しお、シーフード、カップヌードル、カレー)を選び、トッピング(たまご、エビ、豚肉、ソーセージ、フライドチキン、ひよこのなると、ネギ、アスパラ、チーズ、キムチ、ガーリック、コーン、)から4種類選ぶ。b0076846_048264.jpg

そして、ふたをして、セロファンをかけてもらい、受け取る。ラッピングバックにカップを入れて、空気を入れて出来上がり。これはとても楽しい!このイベントは8月31日で終了してしまう。b0076846_164294.jpg

 地下に降りると昭和33年の街並みを、タイムスリップした感じに再現されている。子ども達は薄暗いので、少し気味悪がっていたラーメン店は和歌山 井出商店、支那そばや、札幌 けやき、山形 龍上海本店、旭川 蜂屋、東京 荻窪 春木屋、博多 ふくちゃんラーメン、熊本 こむらさきの8店舗が入っている。
 地下2階に階段を下りたすぐ左のお店にまず入る事にした。「山形 龍上海本店」券売機でミニからみそラーメン(550円)b0076846_0483822.jpg
ミニしょうゆラーメン(550円)b0076846_049067.jpg
のチケットを買い、5分ほど待って店内に入る。ラーメンの上にちょこんと乗っている赤いからみそこれがおいしい。子ども達は辛い辛い!と水をがぶがぶと飲んでいたけど、私は大好き。太い縮れ麺と魚介の効いた味噌スープでこってりめ。スープを全部飲み干したかったけど、他のお店にも行きたかったのでやめておいた。
 次に自分でラムネ作りが出来るというお店に行った。ラムネのビンに水色のシロップを1センチくらい入れ、機械にセットし、気圧をかけながら炭酸水を入れる。そして、レバーを回すと圧力でビー球がフタをする。(200円)b0076846_104766.jpg
おねえさんが丁寧に説明してくれて、息子が挑戦。すぐにふたをあけて飲んだ。ちょっと炭酸が微量だったけど、おいしかった。
 駄菓子屋に行った後、「東京 荻窪 春木屋」でミニしお中華そば(550円)b0076846_0574110.jpg
と豚めし(350円)を食べた。子ども達はしおラーメンがおいしかったみたいで、スープを飲み干し、ミニラーメンでは足りなかったみたい。豚めしのチャーシューはやわらかくてとてもおいしかった。
 さすがにお腹いっぱい。もっといろいろ食べてみたかったけど帰ることにした。
子ども達はカップヌードルを夕飯に食べたいと言っていたけど、もちろん却下。実は私はカップラーメンが好きでない。よっぽどお腹が空いたときに年に1度食べるか食べないかくらい。カップヌードルのカレー味はまあまあ好き。マイカップヌードルはもちろんカレーにした。プールの後に食べようかな。
[PR]
by brubruce | 2006-08-23 00:49 | グルメ
 このキャンプのすごいところはスタッフが7,8人もいて、さすが回を重ねていることもあり、進行、案内などは手際がとても良いし、分からないことは親切丁寧に教えてくれる。食材、道具などはすべて用意されている。そうそうあのコールマンのランタンは明るいのはいいのだけど、明るすぎて、蛾などの虫が寄ってくる寄って来る。テントに持って入ったら、テントの周りに蛾がびっしり!ひぇぇえ~。用意されたランタンで十分だった。
 久しぶりにアウトドアで寝る事もあって、寝られるかなと心配したけど、子ども達は爆睡、私もシェラフを下に引いて何とか寝られた。夜中にドリフト族?山道を車で猛スピードでキュルキュル言わせながら走る車がいたらしく、主人やお友達の何人かは寝られなかったそう。私は全然気が付かなかった。眠りに着く前に、成田の発着便の音とテントからカエルの合唱のように聞こえるいびきが気になったくらいだったけど・・・。用意された毛布は暑くて使えないと思ったけど、明け方4時ごろ急に冷え込みやはり必要だった。
 コインシャワーも用意されていて、24時間いつでも使える。(5分300円)
 7時過ぎ、山道を少し下ったところにブルーべりーを摘みに行き、ブルーベリージャムを作った。皮に少しえぐみがあったけど、おいしくできた。余ったブルーベリーはお持ち帰り。
b0076846_2371848.jpg
b0076846_237472.jpg
そしてその後、朝食作りに取り掛かる。ホットドックを銀紙で包んで、牛乳パックの中にいれて、それに直接火をつける。マザー牧場の牛乳とホットドックのソーセージがとてもおいしかった。コーヒーも(150円)販売されていた。b0076846_2382226.jpg
b0076846_2384099.jpg

 その後テントをたたもうとしたとき、雨が降り、後でスタッフがしまう事になった。その後閉村式をして解散。
 お友達ファミリーとマザー牧場へ向かう。坂を登って5分くらいで着く。子ども達は迷路と牛の乳搾り、こぶたのレース、ぶたの餌やり、そして、最後に7月21日からオープンしたばかりのファームツアーを体験した。b0076846_23979.jpg
これはキャンプから無料チケットをいただいていた。5分ほどバスに乗って移動してから乗り物にのるのだけど、動物と触れ合うことも出来てとても楽しかった。
牧羊犬を主人がとても気に入り、飼って見たいといっていたけど、普通の家では飼えないと思う。
 子ども達はお友達と楽しい時間を過ごし、キャンプを経験出来て、とても喜んでいて、今回参加して良かったと思う。キャンプはまた行きたいなと思う。
 帰り子ども達は疲れていたのか、車に乗ったらすぐに夢の中。アクアライン経由で帰ってきて家に着いたとき起こしたら、「瞬間移動したのかと思った!」と息子はびっくりしていたくらい。
[PR]
by brubruce | 2006-08-22 23:13 | 旅行
 週末、マザー牧場で毎年開催されているという「ごちそうサマーキャンプ」に参加してきた。
今シーズンは全部で5回、各回先着40家族でマザー牧場のオートキャンプ場で開催された。息子と娘の共通のお友達4家族で最終回のキャンプに参加した。
 ごちそうサマーキャンプとあるだけに、ごちそうがいくつも用意されている。
ごちそう① 夏野菜カレー&ラムチョップ
ごちそう② かんたん・おいしいおやつ作り(マザー牧場の牛乳を使ったフルーチェのようなデザートに缶詰のフルーツとイチゴジャムをトッピング)
ごちそう③ ホット!牛乳パックドック
ごちそう④ 選べる手作り体験
ごちそう⑤ 新企画ファームツアー
両日ともマザー牧場への入場も自由に出来る。
 
 張り切って8時半に出発。途中市原のサービスエリアで給油をしたとき、あまりの暑さだったので、涼しそうな海を見に行こうと主人が言うので富津岬に向かった。(本当は前泊して富津のプールに行きたいと言っていたから、富津に行きたかったみたい)富津岬はマリンジェットをしに来ている人が沢山いて、遊泳禁止のようだった。面白い階段の展望台があり、登ってみた。海は思ったよりきれいで、割れた貝殻の砂浜。近くに歩いて渡れそうな浮島があるけど、潮の流れが早いらしく、徒歩では渡らないようにとの注意書きがしてあった。集合時間に間に合うかぎりぎりになってしまったけど、お腹が空いて我慢出来なかったので、餃子の王将に寄ってしまった。でやっぱり遅刻。
 炊事場のテーブルにぎっちり39家族が座っていた。開村式が行われる中、席に着いた。
途端に土砂降りの雨。スタッフの紹介やスケジュールなどを聞いたあと、スタッフが丁寧にテントの張り方を教えてくれた。バーべQは何度もしているけど、子ども達はテントを張ってのお泊りは初めて。娘に「お外で寝るんだよ。」と言っていたのでテントを張ったときに「ちゃんとお家があるのね。お外って言うから土(芝)の上に寝ると思った!」と言ったので笑えた。b0076846_231234.jpg

 雨が上がった後、ジリジリと太陽が照りつけ、テントの中は蒸し風呂状態で、とても入れる状態ではない。こんなんで夜寝られるのかと心配したけど、日が暮れてからは気温が下がっていったので良かった。
 火起こしをして飯ごうでご飯を炊き、カレー作り。子ども達は一生懸命野菜を切り、パパたちは火を起こすのを頑張った。茄子、パプリカ、玉ねぎ、オクラ、ひき肉入りのカレー、ラムチョップのラム肉がとても新鮮でお友達が持参した赤ワインを入れたらとてもおいしかった。デザートもなかなかおいしかった。
[PR]
by brubruce | 2006-08-21 23:08 | 旅行
 江戸川区プールガーデンが気に入ったので、二日連続で行ってきた。夏休みなので、平日とはいえ、それなりに混んでいたけど、泳いでいた人の会話を聞いていたら、土日の混みようは半端ではないらしい。主人が前の晩にいつの間にかドンキーで巨大浮き輪を購入していて驚いた!プールに空気入れがあるのでとても便利。浮き輪の上にお尻をいれて座るリゾート座りをしたり、浮き輪に2人で乗ったりすると係員にすぐに注意されてしまう。
 太陽がギラギラで日焼け止めを塗っていたけど、痛いくらいに焼けてしまった。
 帰りに森下にあるカレーパンの有名なお店に寄った。森下駅の交差点からすぐのところにある「カトレア」というお店。10年以上前に一度行った事があって、車で通ったときに何度か寄ろうとしたけど、日曜日だったりしてお休みだった。このお店は元祖カレーパンで日本で始めてカレーパンを出したお店だという。
 当店の前身は、明治10年に深川常盤町で創業された「名花堂」といい、昭和2年「洋食パン」の名で実用新案として登録されたものが「カレーパン」のルーツです。やきたてパン カトレア
とカレーパンが入っている袋に印刷されていた。
甘口と辛口があったけど、私は辛口が好き。
具がしっかり入っていて、食べ応えがある。カレーパン以外のパンも充実している。カリントウのようなパンやミニ肉まんを揚げたようなものの量り売りもあり、焼き菓子まであった。b0076846_2041035.jpg
[PR]
by brubruce | 2006-08-20 20:41 | グルメ
 今日は江戸川区プールガーデンに行った。夏だけプールで9月中旬から6月まではテニスコートという区営のプール。流れるプールやスライダーなど5つのプールがあり、入場料が大人は500円、小中は200円、幼児100円となんとリーズナブルなお値段。カレーなども売店で販売していて中で飲食OK、アルコールもOKらしい。お昼ごろ着いたころは太陽が出て晴れていたけど、急にどしゃぶりの雨が降り出し、暫く泳いでいたけど、雷が鳴り始めたので、すぐに上がった。二人の子ども達を見ると、必死になっておへそを押さえていたのが可愛かった。
 その後幕張のコストコへ行った。カリカリベーコンを買いに行ったのに、あれもこれもと買い過ぎて、レジでお金が足りなくなってしまった・・・うわさのアメリカ牛は今日は品切れで、入荷は18日らしい。
 カリカリベーコンは我が家では大人気、昔アメリカにホームステイした時に毎朝食べていて、この味を出そうといろいろベーコンを試したけど、カリカリにはならない。やっとコストコで見つけて嬉しかった。カリカリベーコン(874円)国産鶏肉2㌔(1300円)やガーリックソーセージ3P(655円)細切りチーズ3P(502円)などなど。どれもこれも大量で値段は安いけど、余らせてしまうともったいないので食べ切れそうなものを慎重に選ぶ。b0076846_004894.jpg

 週末のキャンプと非常用にとコールマンのランタンを購入。(2188円)ランタンの間の部分がスライドできるようになっていて、小さくスライドさせると懐中電灯にもなる。b0076846_024926.jpg

 会計した後はホットドックやピザ、クラムチャウダー、チュロスを食べるのが楽しみ。アメリカンサイズで嬉しい。飲み物もお代わり自由。いつも込んでいて席取りが大変。
[PR]
by brubruce | 2006-08-18 00:03 | 子ども
 去年縁日で子ども達が釣ってきた金魚を飼っていたのだけど、水槽から飛び出したり、病気になってしまったりして、ついに1匹もいなくなってしまった。どじょうが1匹水槽を独り占めしていたけど、今日文京区本郷にある金魚坂で金魚釣りをして水槽が賑やかになった。
 主人と子ども達は2度目、私は初めて。ここの喫茶店のランチを楽しみにしていたのだけど、あいにく今日はお休み。残念。
b0076846_0111257.jpg

 釣竿と餌を(各100円)借りて、大人は30分500円で釣りが楽しめる。初めの30分で1匹釣れて、後の30分で3、4匹釣れた。隣にいた女性3人の方は沢山釣れていて、なんと錦鯉がかかった!凄い凄い!女性の方があまりの大きさに驚いてしまって、「どうしよう!」と驚いている間に逃げられしまった。これを釣るとコーヒー券がもらえるらしい。
釣れた金魚はリリースが基本で、3匹までは持ち帰る事が出来る。
b0076846_0104312.jpg

 息子と娘は金魚すくいを練習しにきていたお兄さんと遊んでいて(邪魔をしていた・・・)子ども達も金魚すくいをして3匹持って帰ってきた。お兄さんはめちゃめちゃ金魚すくいが上手でコツを教えてもらったけど、私には無理そう。
 とても楽しかったので、また行ってみたい。喫茶店も絶対行きたい。
 帰り道本郷通りの反対側に、主人が御茶ノ水にある店と同じ「近江屋洋菓子店」を見つけたので、行ってみる事にした。御茶ノ水のお店は昔良く行った。ここの焼きカレーパンが大好きで、久々に食べたくなったけど、残念ながらカレーパンはなく、パンはほとんど売り切れ。喫茶コーナーでお茶をすることにした。飲み物が飲み放題で、500円。コーヒー、紅茶はホット、アイスがあり、ホットチョコレートそして、フレッシュジュースがいちご、ライム、マンゴスチン、スイカ、オレンジ、これがめちゃめちゃおいしい!そして、なんとボルシチまで置いてある。
 ケーキは私がサバラン、息子がアップルパイ、娘がシュークリーム、主人のは名前を忘れてしまった。昔ながらのケーキでシンプルな感じがとてもいい。b0076846_0114064.jpg

 久しぶりに近江屋さんのケーキを食べられて、嬉しかった。飲み物を何度もお代わりしすぎてお腹がガボガボになってしまった。満足満足。
[PR]
by brubruce | 2006-08-16 00:12 | 子ども
 先日、お台場のゆりかもめテレコムセンター駅から歩いて5分ほどのところにあるガラス張りのビルの「日本科学未来館」へ行ってきた。
新聞の記事に良く載っていたので、前から行ってみたいなぁと思っていて、娘と息子にはまだ少し難しい内容の展示かなと思いながらも、ゆりかもめ好きの息子に「お台場へ行こう!」と言って出かけてみた。
日本科学未来館
先端の科学技術とわたしたちをつなぐ活動体であり東京・お台場にあるサイエンスミュージアムをその拠点としています。この建物の中には、さまざまな活動がつまっています。
4つのテーマに分かれた常設展示、映像シアターやライブラリ、また先端の研究を体験できる実験工房や科学者によるトーク・・・。
これらを通して科学技術に触れ、楽しみ、そして科学技術に携わる人々と語り合う場としてすべての人にひらかれています。
(パンフレットより抜粋)

テーマ
地球環境とフロンティア
技術革新と未来
情報科学技術と社会
生命の科学と人間

b0076846_0552164.jpg

 7月1日から9月3日まで特別企画展で<もえる森 とける大地「マンモスからの警告」展>を開催していた。愛地球博覧会にて展示されていたあのマンモスがここで見られるという。別料金だったので、今回はパス。
 中に入ると券売機があり、左手には吹き抜けのフロア。1Fの展示は地球環境とフロンティア。環境共生型住宅ではエコロジーな素材の紹介や昔ながらの茅葺屋根や京都の長屋など、エアコンを使わなくても涼しくなるような家くふうなどの展示がとても興味深かった。近い将来家のリフォームを考えているので、いろいろ参考にしたいと思った。

 5Fにある海底の探査船「しんかい6500」の本物そっくりの模型の操縦室に乗った。
先日テレビでも紹介されていたけど、この操縦室は水圧に耐えられるような設計で、限りなく円に近い丸なのだそう。卓球の球のオリンピックモデルの方が丸らしいけど・・・・
「日本沈没」という映画にもこの船の違うタイプのものが登場するそう。ボランティアの方が説明してくれるのだが、とても丁寧で、興味深いお話をしてくれる。カップヌードルのカップが深海では3センチくらいのミニカップに縮んでしまうという実物も見せてくれた。

 6Fのドームシアターでは「アースストーリー」という恐竜のお話の3D映画を観た。日本初のデジタル6面全天周映像、(ドーム型)でリクライニングができるシートでとてもゆったりと観られる。40分くらいの上映で、なかなか迫力があって面白かった。1日3回の上映で、12時に予約を取りに行ったときには、プラネタリウムは既に満席で、アースストーリーも最終回分を配っているところだった。

 シートベルトを締めて乗るライド系のアトラクションは身長が110センチ以上という制限があり、娘は乗ることが出来ず、息子が1人で乗った。とても楽しかったらしい。2ヶ所ほどあった。

 14:00から1FでHONDAのロボットASIMOを見た。あまりにもしなやかな動きでビックリ。
会話が出来て、いじけたりもして。ボールを蹴ることが出来る。どんどん進化していくのが楽しみ。b0076846_0452124.jpg


 5F医療のところで、人体の内臓の模型があり、臓器が取り外せてパズルのようになっているのがあった。娘がその模型に夢中になって何度も何度も取り外しては組み立てていた。肝臓を「これがレバー!」とか言って。グロテスクなのに・・・(私は結構こういうのは平気だから似たのかな)

 顕微鏡を覗いたり、いろいろなものに触れたり、小さな子どもでも十分楽しめる。
実験工房などへの参加は小4以上のものが多く、将来是非参加してみたら良いなと思った。b0076846_0455676.jpg

b0076846_0471567.jpg


 友の会が年間2000円で家族会員になれるというので、入会してしまった。
夏休み中また行こうっと。
[PR]
by brubruce | 2006-08-15 00:48 | 子ども
 昨日は夏らしい暑さだった。8月3日~5(土)まで晴海トリトンで風鈴キットにペンなどで、絵付けが出来るイベントを開催していたので、出かけた。トリトンスクエア内にはトリトンで働く方が絵付けをしたという風鈴がディスプレイしてあり、所々の屋台には江戸風鈴が販売されていた。
 参加費200円を払って陶器で出来た真っ白い風鈴に油性マジックや色鉛筆を使って、絵付けをした。20席くらいのイスと机が並べられていて、子ども達がみんな一生懸命絵を書いていた。
 
 b0076846_1132555.jpg
[PR]
by brubruce | 2006-08-04 11:33 | 子ども