<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 きのうのこと。
 13:00に南青山にて打ち合わせがあったので、その前に、毎年恒例の松屋での鉄道模型ショウ2007に行った。開店とほぼ同時に行ったのだけど、物凄い人、人、人。子ども連れのファミリーからオタク系の人たちまで、朝から気温が高かったのもあって、熱気と暑さとで、空気が薄く、汗だくになり、気分が悪くなりそうになった。会場の真ん中にある巨大ジオラマを見て、Nゲージを息子、娘それぞれ一回ずつ運転して、お買い物をして会場を後にした。平日に行くべきだった…
b0076846_23461977.jpg
b0076846_23463593.jpg

 南青山の交差点のハンバーガーショップ「クアアイナ」でランチをしようとしたら、子どもたちに却下され、プロントのパスタになった。そのクアアイナの脇にあったケーキショップが気になって気になって。ショーケースに本物なの?というような、フルーツたっぷりのタルトがズラーリと並んでいる。1ピース720円となかなかのお値段。お店の名前が分からなかった。同じタルトでも、キルフェボンとはまた違ったモダンなお店。是非味わってみたかった。b0076846_2347172.jpg

b0076846_23475087.jpg
<追記>Berry Cafe というみたいです。コムサプロデュースらしい。
 
 暑い、倒れそうなくらい暑い。家に戻り、ソファーに倒れこむ。そのまま寝てしまい、気付くと6時。隅田川の花火を河川敷まで見に行くことになっていたので、あわててお弁当の準備。
ビールとお弁当とレジャーシートを持って、隅田川の河川敷に行く。 
 隅田川の花火大会は何度か浅草まで行った事がある。いい思い出はちっともない。
ビルが邪魔をし何も見えないので、、橋の上から見ようと、橋に向かってぞろぞろと行列を進む。大きな花火の音はするのに、ちっとも見えず見えるのは人の頭だけ。橋の上にようやく到達して「やっと、見れた!」と喜びもつかの間、「止まらずに進んでください!」との係りのどなり声と笛の音で、騒々しく物々しいので、感動もへったくりもない。あっという間に渡らされてしまい、戻る事も出来ない。
 川べりにレジャーシートをひいて宴会をしたこともあったけど、桜の木が邪魔をして、ちっとも見えない。道路にシートを移動することになる。浅草へは知り合いがいない限りは、行くもんではない。
 少し離れた佃から見る隅田川の花火。川岸では昼の暑さを忘れるような、程よい風が吹き、とても気持ちが良かった。永代橋の両脇に花火が見える。近くはないが、雰囲気は味わえる。
花火が終わって物凄い速さで戻ってくる、レジャーボートや100艘はあるのではという屋形船を見るのも楽しい。バタバタ飛んでいる何機ものヘリコプターはやめて欲しいけど。b0076846_23481077.jpg

[PR]
by brubruce | 2007-07-29 23:58
 うちの子どもたちはストレートの牛乳を飲んでくれない。コーヒー牛乳にしてみたり、ミロをいれてみたり、ミルメークを入れてみたり、いろいろと工夫しないと飲んでくれない。
私の子どもの頃、食事のときに出される飲み物は牛乳だった。そして、喉がかわいた時に飲む飲み物ももちろん牛乳。(我が家の冷蔵庫に飲み物は、瓶ビールと牛乳しかなかった…)中学生のころ部活から帰ると冷蔵庫を開け、1リットルくらい平気で飲んでいた。中学1年生の時、13センチも身長が伸びたのは牛乳のお陰。仕方なく飲んでいた事もあったけど、やっぱり牛乳は好き。
今では食事の際の飲み物はビールに変わったけど…
 子どもの成長には牛乳は欠かせないわけで、何としても飲んでもらいたい。
 先日モスバーガーで面白いものを見つけた。ストローの中に、いちごやチョコやバナナ味のつぶつぶが入っていて、コップに入った牛乳にさして飲むと、それぞれの味がするというもの。これなら子どもたちも飲んでくれそうと思い、全種類買ってみた。「sipahh(シッパー)」1本50円
 まずは味見。いちごを選んでストローで牛乳を飲んでみると、一口目からちゃんといちご味。コップ一杯飲んでもまだ、ストローには溶けきらずにつぶつぶが残っている。2、3杯分は味わえそう。甘すぎず、飲みやすい。私は今回限りで満足。味つき牛乳は邪道なので…
 息子と娘に見せたら、面白さもあり、ゴクゴク飲んでくれた。チョコレート味が人気。
また買ってきて!と催促された。1本50円はちょっと家庭用には高いなぁ。b0076846_22551386.jpg

b0076846_22553970.jpg

b0076846_22555821.jpg

[PR]
by brubruce | 2007-07-23 22:56
 12月のトリトン、2月の歌舞伎座公演に向けて4月から月に2度程の練習も順調?に進み、先日でようやく、楽譜を一通り修了した。
 発声練習もろくにしたことがない私が、無謀にも第九の合唱に挑戦だなんて、練習中、歌詞は上手く発音できないし、覚えられないし、アルトにも関わらず、声は出ないし…やっぱりやめようかなぁと思う事もあったけど、楽譜を一通り終えて、ちょっとした達成感と、声を出す事の気持ちよさを味わえるようになってきて、オーケストラと合わせるのが楽しみになってきた。
 合唱の指導してくれる先生方はプロで活躍されている方々。アルトの先生はとてもチャーミングで面白くて素敵な先生。合唱に参加する人たちは、私のようなド素人大勢(音が思いっきり外れている方多数)や、普段合唱のサークルに入って練習しているオバサマ方から中学生まで様々。そんな私たちを指導してくれる先生は本当に凄いと思う。教え方が本当に嫌味なく、上手で、いつも天然の面白さで大笑いさせてくれる。先生の歌声を聞くと、体が震えてしまうくらい素晴らしい!同じ人間なのにどうしてこんなに素敵な声が出るの?どうしたらそんな風に声が出るの?声の素敵な人は本当に羨ましく、神秘的に思える。
 先日小澤征爾さんのオペラプロジェクトの「カルメン」の公開リハーサルを観に行く機会があった。時間の都合で、泣く泣く、第2幕で会場を後にしたが、リハーサルでも本番と同じ流れで、衣装も本番どおりだったので、本物のオペラを生で聴いたのは始めての体験だった。
楽器の素晴らしさはもちろん、女性の澄んだ高音、男性のしびれるような低音の歌声は心を震わせ、感動を与えてくれる。
 これからも素敵な音、声に沢山出会いたい。
[PR]
by brubruce | 2007-07-22 22:57
 激しい雨に打たれながら、伊勢丹本館沿いに並ぶ。足が痛くて、眠さと疲労が増していく。せめて中に入れてくれればいいのに…と思い待つが、列は全く動かない。
「もう整理券の配布は終わりました~」とのお店の人の声、「アニヤハンドマーチのエコバック販売整理券が予定数に達した?」だったか内容は忘れたけど、紙を持った係りの人が2.3人連なって、伊勢丹の周りをぐるぐる廻っていた。伊勢丹の入口のある地下鉄口からは人がどんどん溢れてきて、お店の人にアニヤのことを尋ねている。道でも並べなかった人たちがお店の人に詰め寄っている。
 10:00開店と同時に列が動き、階段から屋上へと上がる。階段に人が並んでいると思いきや、誰もいなかった。先発入場組(1500人程が中にいるとお店の人が言っていた。先発入場組の会計が終わるのが11:00ころになるから、後半番号の人たちは11:00以降に集合ということだったらしい)が屋上に列をなしていて、列の先のテントでバックを購入している。開店と同時に整理券を持っていて、下で待っていた人たち、整理券をもっていない人たちが一気に屋上に押し寄せ、エレベーターと階段付近がかなり混乱した。ここでもお店の人たちが整理券のない人たちに詰め寄られていた。詰め寄る人たちの対応で、列の誘導が出来ず、「ちゃんと指示してください!」と怒っているひともいたが、私はそれほど混乱することもなく、屋上の列にならぶことが出来た。
 屋上で雨に打たれながらも、芝生のみどりに少し癒されて、並ぶ事1時間20分ほど。11:20に無事エコバックをゲット。
 バックの作りが荒いのか、文字の部分(緑の布がカットされて縫い付けてある)のカットがきれいにされていなかったり、帆布の部分がほつれているからなのか、レジの脇には交換求める人の列が出来ていた。そういう人たちはきっと転売目的なんだろうなぁ。お値段も2000円(税込み2100円)だし、お買い物に使うエコバックなんだから(と言ってもお買い物には使えない?!)文句を言ってもしょうがないでしょ。
 伊勢丹の周りでは、並んでいたのに、整理券をもらえなかった人たちが、お店のひとに詰め寄り、暴動が起きていると聞いた。フジテレビが取材に来ていたそう。
伊勢丹では整理券は2999番まで配ったらしい。ということは6000個の販売。
アニヤハインドマーチのHP伊勢丹のHPにはお詫びの記事が掲載されている。
 たしかに伊勢丹では並ぶ人数をきちんとカウントしていて、最後尾あたりで、「もう予定人数に達しました!」とアナウンスしていればこんな混乱も起きなかったのにと思う。
 想像以上のエコバックの人気で、こんなに人が並ぶとは誰も想像できなかったのではないかなぁ。
 18日の各店舗での販売、19日のWEB販売はどうなるのだろう。
b0076846_14391072.jpg

b0076846_14392886.jpg

[PR]
by brubruce | 2007-07-15 14:41
 数週間前に、お友達から「アニヤハインドマーチのエコバックを買いに行くので、良かったら買ってくるよ」と言われたので、お願いしようと思っていろいろ調べてみると、一人二つしか購入出来ないとの事で、私も買いに行くということになった。事前の情報で購入するにはかなり大変かもという覚悟はあった。
 海外での販売では想像以上の人気ぶりで混乱も起きていたらしい。友達がアニヤのお店で「いくつくらい販売されるのですか?」と質問しても「お答えできません」とのこと。各店での販売個数が秘密にされていたということが結果的には、今回の混乱と騒動の原因となったのではとも思える。
 私は銀座店が近いし、デパート内の店舗ではないので、一番個数が多く販売されるのではという予想で銀座店に並ぼうと思った。
 14日(土)販売前日の事。お友達のご主人が銀座で飲み会があったそうで、行く前にお店の前を通ったら、すでに100人くらいの行列が出来ているとの連絡をくれた。そして、飲み会から帰る前23:30ころお店の前を通ったら、300人くらいの行列になっていたという。この状態だと、ちょっと無理かも、やめようかなぁと思った。もし早起き出来たら、行く事にしようと思い、24:00ごろ寝た。
 3:30に目が覚め、外を見ると雨は降っていない。始発前に行けばなんとかなるかなと思い、シャワーを浴びて、イスを探したが、見つからず、娘のレジャーシートとタオルを持って、4:10ころ家を出る。自転車で銀座へ爆走。4:30銀座店到着。係りの人が「既に予定数に達しました」とのアナウンスでパラパラとならびに来ていた人たちを皆帰している。「あ~やっぱりだめだった…」と思い、「販売個数はいくつですか?」と質問すると、「それはお答えできません。新宿伊勢丹の方がこちらより数倍多い販売です」と言われたので、新宿へ向かうことに決めた。辺りを見回すと、2本の路地の1ブロックの片側に一列ずつ並んでいた。
 雨がぱらつきはじめ、自転車を置いてここで始発を待とうかなと思ったけど、雨がひどくなってきたので、家の最寄り駅まで戻る事にした。列に並べなかった人たちがタクシーで新宿へ向かっていた。
 4:50に地下鉄の駅に入り、5:06の始発に乗る。市ヶ谷で乗り換え、電車がなく、20分くらい待つ。新宿三丁目の駅を降りると、みんな走って伊勢丹へ向かっている。おばさんが「今日はやけに賑やかね~」と言っていた。私も早足で向かう。地下鉄の駅の階段を上がると、長蛇の列。最後尾はどこ?メンズ館の方と聞いて、走った。5:40ころ最後尾を見つけ、なんとか並ぶ。列は明治通り側の真ん中の入口から、本館をグルリと周り、メンズ館をさらにグルリとまわり、そこで、折れ曲がっていた。その後もどんどん列が伸びていたので、どうなっていたかは分からない。係りの人はおらず、アナウンスはなにもしていない。廻ってきた係りの人に声をかけ、「並んでいたら買えるのですか?」と聞いたら、「私たちも人数を把握していないので、何とも申し上げられません。今入館させて、整理券を配っています。」とのこと。 中へ入館させているので、列は前へと進んでいく。ただ、この時点で、ちょっと無理かもなぁと思っていた。というのも、銀座店の数倍あるとはいえ、半端な人数ではない。
 ところどころ屋根があったので、雨が凌げて助かった。6:40ころ、本館の荷捌きのトラックの前辺りで、ぴたりと列が止まる。そのころ友人が到着。列に入れてあげたかったけど、勇気がなく、声をかけてあげられなかった。本当にごめんなさい。
 もってきたシートを敷いて、座った。お店の人がカウンターを持って人数を数えにきた。
 8:00ごろ列が進みはじめる。地下鉄の入口辺りでは混乱が起きていてた。お店の人が「もうお並び戴いても購入できません」とアナウンスしている。その辺りで、屋根が少し途切れたところがあり、雨があたったので、私の少し後ろで列がほんの少し開いてしまったときがあった。するとどうもずる込みがあったようで、回りのみんながその人に抗議している。「整理券を配っている人にここに入れと言われた」とかなんとか言って、どうどうと居座っている。周りの人が係りの人に言ってついにつまみ出された。
 8:30ごろ整理券をゲット。2530番。「11:00から15:00の間に屋上にて購入してください。解散していただいて結構です。」とのアナウンス。お茶でも飲みに行こうと思い、一度列を離れたが、すでに1500人の人は入館して、購入を開始しているという。結局雨の中、並ぶ事にした。
 道端ではホームレスの人に並ばせて購入させ、ブローカーの人がお金を渡し、つぎつぎと品物を回収している。。そこにまた並べなかった人たちが集まり、売ってくれと言い寄っている。異常な光景。b0076846_13244789.jpg  のちに追記
[PR]
by brubruce | 2007-07-15 09:19