10月6日に発売された元気いっぱいポケモンシールホルダーセット。不定期の発売らしいけど、春に発売されて、今度は秋。年に2回くらいなのかな。今回は買うつもりはなかったのだけど、娘がパンコーナーで目ざとく発見!お財布には1500円しか入っていなく、1050円もするものを買うと、予算オーバー。娘はつかんで離さない(赤ちゃんじゃないのに…)。結局私の根気負けで、カゴに入れていた商品をいくつか売り場に返し、買う羽目になった。
 近所のスーパーで見かけるポケモンパンは蒸しケーキのジャム入り、いちご、チョコ、チョコクロワッサン6個いり、クリームクロワッサン6個入りぐらいで、息子と娘はあまり好きではないのに、買ってとせがまれ、食べ残しを私が食べている。HPを見てみたら、こんなに沢山のポケモンパンが発売されていたなんて、驚いた。ポケモンパンの根強い人気にビックリしてしまう。近所のスーパーにもこんな種類があったら、たまには買ってもいいのだけど…
b0076846_2248120.jpg
b0076846_22525481.jpg

● エンペルトのあげぱんチョコ
チョコ風味の生地を揚げてドーナツシュガーをトッピングしました。

● ミロカロスの秋の蒸しケーキ
栗風味のもっちりとした蒸しケーキに栗の甘露煮をトッピングした、栗の風味たっぷりのミニ蒸しケーキです。

● ポッチャマのミニ蒸しケーキいちご
甘酸っぱいいちごの香りのミニ蒸しケーキです。

● ピカチュウのミニ蒸しケーキチョコ
チョコレート風味のふんわりソフトなミニ蒸しケーキです。

● ポケモンシュガーバターロール
ふんわりとしたブリオッシュ風の菓子パン生地にシュガーバターを絞った素朴な菓子パンです。2007年夏公開のポケモン映画に出てくるポケモンが包材にデザインされています。

● ポケモンチョコデニッシュ
チョコシートを折り込んだ生地を両側から巻いてハートの形にし、アイシングを掛けました。キャラクターはハピナス。しあわせを運ぶポケモンです。

● リオルのバタースティック
バターシートを折り込んだ生地をねじった、スティック状で食べやすい形の菓子パンです。バターの風味が広がります。

● パチリスのクリームドーナツ
カスタークリームを包んで揚げたミニサイズのドーナツです。

● ダークライのプチポニーゴマ5本入
ゴマの風味が香ばしい、もちもちとした食感のスティックです。

● パルキアのソーセージロール
ソーセージの入った、おやつだけでなく食事にもぴったりな、食べ応えのある惣菜パンです。

● メリープのメロンパン
包材デザインをリニューアルしました。サッカーボールのような模様の楽しいメロンパンです。

● ディアルガのピザパン
ピザソースを塗った生地にマヨネーズ、スイートコーン、チーズ、パセリをトッピングした、プチサイズのピザパンです。

● ピンプクのホットケーキマーガリンサンド
丸いものが好きなピンプクにちなんで、丸いホットケーキを作りました。中にはマーガリンをはさんでいますので、おやつにも朝ごはんにもぴったりです。

● リーシャンのカスタークリームパン
ふんわりとしたブリオッシュ風の菓子パン生地にカスタードクリームを包み、カスタークリームで「の」の字模様を付けました。

● ムックルのチョコシューサンドロール
チョコロール生地にブラックココア入りのシュー皮をかぶせ、なめらかなチョコクリームを絞った、チョコ尽くしのパンです。

● ナエトルのチョコチップココアメロンパン
チョコチップ入りココアメロン皮をのせたメロンパンです。

● ヒコザルのカレーパン
豚肉にたっぷりの玉ねぎ、じゃがいも、人参を加え、香りの高いルーで仕上げた甘口タイプのカレーを、ソフトな生地で包みフライしました。お子様に圧倒的人気のカレーを使用したポケモンパンです。

● ポッチャマのミルクブール
白いパン生地にミルククリームを包み込みました。

● ピカチュウのクレープ蒸しケーキ
ピカチュウのイラストをクレープ皮表面にあしらった蒸しケーキに、甘酸っぱいいちごジャムを包みました。

● ポケモン元気チョコクロワッサン 6個入
人気のミニチョコクロワッサンが、中身のおいしさはそのまま、包装デザインが新しくなりました。

● ポケモン元気クリームクロワッサン 6個入
人気のミニクリームクロワッサンが、中身のおいしさはそのまま、包装デザインが新しくなりました。

● ポケモン チョコサンド
チョコクランチ入りのチョコクリームをどらやきの皮でサンドし、生地にピカチュウの焼印を押しました。

(地域によっては取扱っていない商品もあります。) HPより転載
[PR]
by brubruce | 2007-10-24 22:55
先日息子の小学校で、救命救急の講習があった。機会があったら、受講してみたいとおもっていたので、3時間ほどの講習を受けてきた。
東京救急協会の方が講師で、緊急時の出動態勢で、消防車?を学校前に横付け状態で来られた臨海消防署の皆さんがお手伝いとして来られた。
 5年ごとに改正されるテキスト。b0076846_23362784.jpg
以前の心臓マッサージと人工呼吸の仕方は少し変わったらしい。また、脈を診たりといった、余計な行動は省かれ、人が倒れていたら、まず、周りの安全を確認し、反応の確認をし、呼吸の確認をし、「反応なし」、「呼吸なし」ということであれば、誰か周りの人に助けを求め、119番通報とAEDを持ってきてもらうことを依頼し、気道を確保した後に、すぐに鼻をつまんで人工呼吸2回、そして、心臓マッサージを(胸骨圧迫)30回するという。(この回数が前回の改定前と変わっているとのこと)b0076846_23371155.jpg

これは救急隊員がかけつけるまで続けるとのこと。そして、今、駅や、街中の人が集まるところには必ず置いてある「AED」の扱い方の説明も受けた。
 グループに分かれて、CPR(人工呼吸と心臓マッサージ)の仕方を人形を使って、一人ずつ体験し、AED(自動体外式除細動機)の装置の扱い方も体験した。b0076846_23373931.jpg

b0076846_23381634.jpg

 CPR(人工呼吸と心臓マッサージを続ける事というのはどういう効果があるのか、心臓停止後3分間放置、呼吸停止後10分放置でで死亡率が50%にもなるという。つまり、CPRをしている間は押し続けることで、血液が循環されていると考えるので、少しでも早く蘇生を開始することによって、命が助かる可能性が高いということだそう。
寒い冬などでは、(低体温状態)かなりの時間が経ってからでも蘇生が出来た事があったという。
 AEDはここ最近、いろんな場所で置かれているのを良く見る。盗難防止なのか、ガラスケースに大事そうに入って保管されているのを見かけるけど、あれってどうやって、どういうときに使うの?。医療者でもない一般の人が扱えるのかなぁ?と思っていた。心臓に持病のある方や、健康な人がスポーツなどをしているときに急に心臓の筋肉が無秩序に震えている状態(心室細動という不整脈)になり、突然の心停止を引き起こすことがある。この状態には電気的除細動(電気ショック)が最も有効だとう。今まで、病院でしか出来なかった治療が、街中でこのAEDを使って少しでも早く電気ショックをかけることが出来るようになり、多くの命が助かっている。
 AEDの箱を開けると、自動音声で、「電源を入れてください」⇒「パットを装着して下さい」⇒「コネクタを機械に接続して下さい」⇒「心電図の解析をしています。患者から離れて下さい」⇒「患者に触らないで下さい、ボタンを押して下さい」と手順を懇切丁寧に音声で教えてくれる。
メーカーによって多少つくりは違うものの、操作事態は変わらない。そして、とても分かりやすいようにシンプルなつくりとなっていた。パットは大人用と小児用があり、小児用が無い場合、小児には大人用は使えるが、小児用を大人には使えないそう。(電流が少ないので、意味が無い)
この電気ショックは体が一瞬かなり揺れるそうで、驚いてしまうと聞いた。そして、体が水に濡れていたり、パットが金属を挟んでしまっていたりしたら、感電し、やけどのおそれがあるそうで、気をつけなくてはならない。また、心電図の解析により、心室細動にしか電気ショックは通電しないようになっているそうで、いたずらや、必要の無い心電図の波形だった場合は作動しないそう。
 見知らぬ人が倒れていたら、実際CPRやAEDを施すことが出来るだろうか?
今回の講師の方は「勇気を持ってください!」とのこと。
知らん振りして通り過ぎる。そんなことだけはあってはいけないと思う。 
[PR]
by brubruce | 2007-10-24 00:03
 秋の夜長にはパソコン?いえいえ、たまには読書も。
 先日の盲導犬のキャンプに参加して、盲導犬のことがもっと知りたい!そして先日NHKプロフェッショナルに再び動物特集で出演されていた、盲導犬訓練士の多和田悟さんの本も読んでみたい!と思い、図書館で予約をした。「盲導犬」と図書館パソコンで検索すると出るわ出るわ!沢山盲導犬に関する本が出版されていた。
 先日耳鼻科の待合室においてあった「盲導犬クイールの一生」はその場で読み終え、今回借りた本は、「パピーウォーカー」「クイールを育てた訓練士」「刑場に消ゆ」の三冊。
 先日多和田さんにお会いしたときに、盲導犬訓練士になろうと思ったきっかけのお話を聞き、「刑場に消ゆ」の本のお話をされていたので、読んでみたいと思った。
b0076846_22405665.jpg
■内容紹介■
 昭和48年、ある死刑囚の刑が執行された。1500冊にのぼる点字本を遺した死刑囚・二宮の一生をたどる気鋭のノンフィクション

 昭和48(1973)年5月11日、福岡拘置所で一人の死刑囚が刑場に消えました。二宮邦彦、享年48。「あと10時間ほどで地上から消えますが、心はふだんと全く変わりません」と彼の遺書には書かれています。刑が確定してからの13年間、彼は獄中で目の不自由な人のための点字本を打つことに打ち込みました。その数、1500冊。最後に取り組んでいたのは『罪と罰』でした。
真面目な一銀行員がなぜ死刑囚となったのか。彼が点訳書に託した贖罪とは? ノンフィクション・ライター矢貫隆さんが渾身の取材で執筆した衝撃作です。(YF) (文藝春秋書誌ファイルより転載)

 なぜ多和田悟さんが関係あるのかというと、死刑囚二宮邦彦が近江八幡にある図書館に点字訳した点字本を776冊も寄贈しており、当時小学生だった多和田さんは図書館で点字本と出会う。そして、数年後、点字訳を始めたとき、その点字本にふれて、まったく破れた点などなく、一定した打ち具合で、すべての点が垂直に丁寧に打たれている本を打った人はどういう人なのだろうと思うようになり、独学で点字訳を進めていくうちに、壁にぶちあたり、困った挙句、その点訳者に教えてもらおうと手紙を書いたという。その手紙のやりとりの中で、多和田さんは二宮が死刑囚ということを知ったという。
 多和田さんの訓練士への原点を知ることが出来たのと同時に、死刑囚二宮の死刑執行されるまでの13年間の獄中生活の様子を知り、死刑についていろいろ考えさせられた。
 
 本を読んで、ますます多和田さんへのファン度が増してしまった。訓練センターの盲導犬にも会いたいし、盲導犬と触れ合っている多和田さんにも会いたいな。そして、富士ハーネスにも行ってみたいな。

 どっさり借りた図書館の本
b0076846_22413698.jpg
[PR]
by brubruce | 2007-10-15 22:42
 朝から雨の久しぶりの新宿。11:00ころマインズタワーから高島屋へ向かう途中、「クリスピークリームドーナツ」の並ぶ列が少なかったら買いに行こう!と思い、店の前に来て見ると、店の入口から折り返した2列目が最後尾。これはチャンスと思い、列に入る。お店の人にBOX買いを告げると、すぐにお店のほうへ案内してくれた。待ち時間1分もあったかな?連休明けの平日だし、さすがに一時期のピークは過ぎたのかも知れない。b0076846_095337.jpg

b0076846_010575.jpg


お店で携帯カメラで撮影。いつもはお店の人に一言断って撮影するのだけど、御上りモードでバシバシ撮影…あまりにすんなり入れたので、興奮気味…と言い訳。

 バラエティードーナツ(1700円)を買い、お店を後にする。ハロウィンのスペシャルメニュー「パンプキンモンブラン」(170円)が売られていた。残念ながら、バラエティードーナツには入っていなかった。b0076846_0112475.jpg

 初めて食べたときよりも更においしく感じた。生地のモチモチ感とやわらかさは今までのドーナツにはない味わい。砂糖がけの甘さとジューシーさがいい。この甘いドーナツをしょっちゅう食べ続ければ大変な事になりそうで、食べたいと思っても、ガマン、ガマン。今日は久しぶりだし…と思って。
 12個の中で私が一番初めに選んだのが、「グレーズドレモン」 下の段の右から2番目(リッチですっぱいレモンフィリングを入れた、グレーズをかけたイーストドーナツ。HPより)そういえば前回も同じだった。
外側のお砂糖がけのジュージーさとレモンクリームのすっぱさが私の好み。でも基本はオリジナルグレーズドかな。
 今週の12日金曜日に有楽町の駅前にオープンするビル「有楽町イトシア」に日本第2号店がオープンするという。11月には川口に3号店。また行列必死。でもしばらくまたガマン、ガマン。
[PR]
by brubruce | 2007-10-10 00:14