<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 夏休みの宿題も大詰め。毎年悩むのが自由研究。
子どもたちと一緒に、何にしようかいろいろ考えていたが、なかなか決まらない。
祖父母のお墓参りに信楽に行った際、日本最大級の登り窯のある「宗陶苑」で陶芸教室をしていたので、参加することにした。今年の自由研究はこれに決まり!

  「宗陶苑」へは子どものころ、祖父に連れられて行ったらしいのだけど、全く記憶がない。信楽焼も今ではガス釜が主流となり、登り窯があるとろこはめっきり少なくなってしまった。昔は至る所に登り窯があり、焼いているところを見ることができたのに。
 「宗陶苑」は、15,000㎡を超す広大な敷地内で日本一大きい11室の登り窯(江戸期に築窯、現在、年間4~6回焼成)を用い、茶道具をはじめとして、大きな庭置物から小さな民芸食器に至るまであらゆるものを焼いている信楽唯一の窯元です。)チラシより
b0076846_10494899.jpg

b0076846_10595140.jpg

 登り窯の説明を聞きながら、陶芸教室の場所を目指す。
手ひねりで登り窯で焼くと2100円、ガス釜だと1575円でクーポン持参だと10%OFF
電動ロクロミニ体験のコースなどもある。
 夏休み中に焼いて送ってくれるのはガス釜ということだったので、そのコースをお願いした。
 教室は私たち3人だけ。
 普段お茶わんなどを作っているというお姉さんが教えてくれた。
 湯呑、マグカップ、お茶わん、お椀、お皿などから自分が作りたいものを選ぶ。
 基本の湯のみを作り、それを変形させて、その他の器に仕上がっていく。
 私はお茶わん、娘も同じ、息子はマグカップを選んだ。
 粘土は信楽の土と他にもいろいろ混ぜたもので、子どもの学校で使う粘土と硬さは同じくらい。
 四つに分割して、土台をつくり、上に積み上げていく。
手でだいたいの形を整えたら、タコ糸で口のところを、ろくろを回しながら切っていく。これがびっくりするくらい、切れてしまうので、かなり中の方までえぐれてしまった。そして、小さい布を水に浸して、表面を整える。b0076846_10475729.jpg

b0076846_104944.jpg

そして出来上がり。焼き色を指定すると300円増し。
作品に合わせた高台を作り、名前を入れて、郵送してくれる。
b0076846_10503055.jpg

b0076846_10505293.jpg

b0076846_10513467.jpg

機械も、何もいらない原始的な作業で、昔の人も同じ作り方をしていたんだろうなぁと思う。
簡単そうに見えた陶器づくりだったけど、やってみるととても繊細で、難しい。ちょっとした動きで全然形が違ってくる。
作っているとき、無心になれてとても楽しかった。

 そして、今日焼き上がった作品が送られてきた。
息子と娘は焼き色を指定し、私は特に指定しなかった。
高台を作ってくれているので、出来栄えが全然違って見える。
焼くと2割ほど縮むと聞いていたので、どのくらいの大きさか想像がつかなかったけど、ちょうどいい大きさになっていた。
 息子のマグカップはずっしりと重たいけど、色も形も大きさもなかなかいい。
上出来!上出来!
子どもたちは何を入れて食べたり飲んだりしようかで盛り上がっていた。
 ちょっと待って!それは作品を提出して返してもらってからね。
b0076846_10515573.jpg

b0076846_105292.jpg

[PR]
by brubruce | 2008-08-28 11:00
 先日、新潟のアンテナショップで「はじける上善如水」を買って、白龍酒造のHP を見ていたら、「はじける黒豆の酒プレゼント」というのがあったので応募してみたら、なんと当たってしまった。上善如水のストラップも入ってた。1587件の応募があり、150名のとうせんで、当選確率 : 約9.5%だったという。ラッキ~!
 さっそく飲んでみることに。
先日飲んだ「はじける…」が私好みだったので、今回も期待大。
ピンク色で、下の方に沈殿している。冷蔵庫で冷やして、少し振ってから飲もうと思って、振ってしまった。微炭酸だったので、ぷしゅ~っと中身が飛び出してきた。
 丁寧に説明書が同封されていたのに…ちゃんと激しく振ると噴き出しますのでご注意くださいと書いてある。

おススメの飲み方
①冷蔵庫で冷やしてください。
炭酸が含まれていますので、冷やしたほうがおいしくお飲みいだだけます。
②ビンの内部に沈殿している滓(おり)がまんべんなく広がるように、ゆっくりと瓶を回して撹拌します。
③スグに栓を開けたいのをグッと我慢して、1分ほど手を触れずに置いて、発砲を落ち着かせます。
④噴き出さないように、ゆっくり開栓します。
⑤お待たせしました!
さあグラスに注いで、じっくりお楽しみください
(説明書より転載)

かなり噴き出してしまったので、もったいない、もったいない(笑)
シュワシュワとして泡が出てくる。
日本酒独特の香りは、それほど気にならない。(私は日本酒独特の香りは好きだけど)
ピンクというのが日本酒っぽくないので、不思議な感じ。
酸味があり、濁り酒というと、韓国のお酒 マッコリ を思わせるけど、またそれとも違う。
さらりと飲めておいしかった。

いつ発売なのかなぁ?また飲みたい。
b0076846_22245872.jpg

b0076846_22251815.jpg

[PR]
by brubruce | 2008-08-22 22:25
 戸越銀座の商店街のお茶屋さんで、「吉祥寺で有名な羊羹」と張り紙がしてあり気になっていた。もしかして、あの「小ざさ」の羊羹だったりして…と思っていた。
(朝の3時ころから並ぶという、小ざさの羊羹は未だ口にしたことがない。)
 先日、お店の人がちょうどトレーに羊羹をのせて店頭に置こうとしていたところを通りかかり、子どもたちが羊羹食べたい!というので、買ってみることにした。
吉祥寺にある「こしの」というお店の羊羹。
何種類かあって、こしあんの練り羊羹を買った。(580円)

 羊羹にはお茶がなくては。

 築地の交差点近くにある、お茶のお店がある。
築地「三久
そこの、山だし 特とく(525円)
いつも試飲させてくれるので、飲んで以来、そのお茶にはまっている。
お湯の温度も気にせず入れても、おいしく入れられる。
口の中に入れてしばらくすると甘みが広がってくる。
一度このお茶を出すと 、「まとめて買って来て!」とよく頼まれるくらい。
他にも山だしシリーズはいろいろあるんだけど、この特とくがほんとにお得。
隣で売られている築地の名物、茂助だんごもおいしい。

色・味・香を楽しむために茶葉を愉しむために、茶葉の形状にとらわれずに創られた三久オリジナルの「深蒸し茶」です。深蒸し煎茶に、選別を終えた芽茶・粉茶・茎茶を三久独自の配合率で加え、荒茶仕立てに仕上げました。  それぞれの良い点が醸し出すハーモニーは、最高です。夏は水出しでも、美味しくお飲みいただけます。  魚河岸で、一番人気の山だしシリーズ。ぜひ、お楽しみください。(HPより転載)

 羊羹を買うことはめったにないけど、この「こしの」の羊羹、おいしかった。口の中で、さら~っとあんこがとけていくし、口の中に残る後味もとてもいい。
 お茶は羊羹の甘味を、苦味で一度打ち消してくれて、そのあとふわ~っと甘味が広がってくる。やっぱりいいこのお茶好きだぁ。
 絶妙のバランス。おいしゅうございました。
b0076846_2122615.jpg

b0076846_21222070.jpg

[PR]
by brubruce | 2008-08-22 21:26