昨日、9月に大房岬でキャンプをしたときの盲導犬再会イベントに参加するために、日本盲導犬協会の神奈川訓練センターに行った。b0076846_12481673.jpg

b0076846_12484974.jpg

 第三京浜の都築インターから1分のところにあり、車でのアクセスはとても便利。
神奈川訓練センターでは主に、目の不自由な方のための盲導犬との訓練と、盲導犬になるための犬の訓練が行われていて、日本盲導犬協会付設盲導犬訓練士学校が併設されている。
 訓練センターは訓練棟と犬舎棟と分かれていて、訓練棟には目の不自由な方が盲導犬と一緒に暮らすために訓練するための共同訓練用の宿泊施設や研修室やパピーウォーカーやさまざまなイベントに使われるトレーニング施設があり、とてもキレイで充実した設備。
 犬舎棟には入口のところには親子犬室や手術を終えたばかりの犬室があり、その向かいにはレントゲン室、診察診療室があり、その先に今は70頭ほどの訓練犬のための、訓練犬室がある。他にも、グルーミング室や犬の調理室、盲導犬訓練学校の学生のための部屋などがある。b0076846_12495539.jpg

 施設の中の見学、部屋の中でPR犬とふれあったり、9月のキャンプの写真を見たりして、いよいよ犬舎へ。知らない人が入ってくると、ふだんおとなしい盲導犬候補犬たちもさすがに、吠えたり、柵の方へ飛びついたり興奮してしまう犬もいる。柵の中とはいえ、体が大きい犬は迫力があり、少し怖い。訓練士さんと一緒に、そ~っとそ~っと犬舎を見学する。
 盲導犬候補犬のうち盲導犬になれる犬は4割という。盲導犬になるための条件として、吠えない、じっと待つことができる、排泄のコントロールができるなどなど。盲導犬になれなかった犬はキャリアチェンジ犬として、ボランティアの家庭に引き取られたり、繁殖犬やPR犬となる。
 9月に一緒に過ごした犬達はもうすでに盲導犬として活躍していたりして、犬舎には10頭のうち2頭しかいなかった。わたしたちが2日間一緒に過ごした犬が1頭まだ訓練中で、犬舎にいたので、グルーミングをさせてもらった。私たちのこと覚えてくれていたかな?感動の再会。犬舎の隣のワン・ツー専用のスペースでワン・ツコールをしてさせる。(ワン=おしっこ、一日5回くらい、ツー=うんち、一日2回くらい)
 まず、ブラシでブラッシングして、タオルで体を拭き、耳の穴をコットンで拭いて、犬専用の歯磨き粉をつけて歯ブラシ。この歯磨き粉がおいしいらしく、喜んで歯を磨いてくれるけど、大きな口をもって歯磨きをするのはちょっと怖い。これは訓練士さんにしてもらった。
 午後は子どもたちは、ポップコーンやマシュマロを火であぶってクッキーに挟むデザート作りをし、大人たちはミーティング。そして売店でお買い物をして帰った。
 夏一緒にキャンプに参加したお友達家族が、12月からパピーウォーカーとなり、昨日センターで月に一度ほど行われるパピーウォーカーレクチャーにワンちゃんを連れてきていたので、
会うことができた。「アイビス」くん。b0076846_12503036.jpg

 まだ生まれて3ヶ月ちょっとしか経っていない「アイビス」くんは一週間に1㌔ずつ体重が増え、どんどん成長しているけど、まだまだかわいい盛りのパピーちゃん。毛も体も成犬と比べてとってもやわらかくて、茶目っ気たっぷり。子どもたちにもみくちゃにされて、疲れてないかな?
「アイビス」くんの成長の記録、詳しくはこちらをどうぞ。
てらんちのパピーウォーカー日記~アイビス~
 パピーくんはお散歩するときに、「もうどう犬パピー いろいろ体験中」というパピーコートを着るそう。
この、「いろいろ体験中」というのがかわいい。そして、体の成長に合わせて大きさと色が変化していく。はじめはピンク、オレンジ、グリーンと大きさが違うコートがおいてあって、かわいさのあまり、写真に撮ってしまった。どんどん大きくなるから、あっという間に着られなくなるんだろうなぁ。
b0076846_055145.jpg

b0076846_061059.jpg

 我が家もいつかパピーウォーカーになってみようと、申し込み用紙をもらってきた。
 
[PR]
# by brubruce | 2008-01-13 12:51
 神谷町駅から歩いて1分程の東京タワーへ向かう途中に、お菓子とチョコレートのお店
オクシタニアル」が今日オープンした。b0076846_23462622.jpg

b0076846_23464561.jpg

b0076846_23532786.jpg

 今日オープンというのは知っていたのだけど、何時にオープンするのかは知らずに、11:00ごろお店に行くと、入口には開店祝いのお花があふれんばかりに置かれていて、お店の中はお店の関係者の方が沢山いて、販売の方、奥にはパティシエの方があわただしく作業をしていた。入口が開いていたので、思わず中に入ってしまったら、オープンは12:00という。娘の幼稚園のお迎えが11:50だったので、一度家に戻る事にした。
 お店の隣には「オレンジのバイテン」というお店が出来ていて、ショーウインドウにおいしそうなパンが売っていたので、買って帰ることにした。
 今日行こうか、明日行こうか悩んだけど、どうしてもケーキが食べたい!と思い、16:00ころリベンジ。
お店にはひっきりなしにお客さんが入ってきて、ケーキがどんどん売れていく。生キャラメルと賞を取ったケーキ3点とお友達のマカロンを購入。
 お店は南フランスをイメージしたオレンジやイエローを基調とした明るいデザイン。お店の名前の「オクシタニアル」とは、オクシタニア=13世紀から16世紀に存在した、南フランスのある地域の名称。末尾に'ル'をつけてオクシタニアル。
MOFのステファン トレアンさんが監修のもと、伝統的なフランス菓子を南フランス風にアレンジしているお菓子だそう。ショーケースには生キャラメル、ヌガーキャラメル、アーモンドにチョコレートを絡めたものなど、その隣にボンボンショコラとトリュフの詰め合わせ、そしてプチガトーがずら~り。マカロンのボックス6個入りと12個入り。そして、独立してギフトコーナー。クッキーも種類豊富。b0076846_23472088.jpg

b0076846_23473839.jpg

 
ルビー(780円)
2002年チャンピオン・ド・モンド・フランス代表の作品、チョコのダッコワーズ生地にミルクチョコレート、アーモンド、フランボワーズのジュレの組み合わせ
b0076846_23475958.jpg

タヒチ(750円)
2004年MOF作品。南国フルーツとラム酒のケーキ
b0076846_23482196.jpg

デュオ(750円)
こちらもMOFの作品、ダックワーズ、チョコレートクリームなど。
b0076846_2349285.jpg

生キャラメル(700円)
b0076846_2354153.jpg


(HP参照) 
[PR]
# by brubruce | 2008-01-09 23:50
 愛知県近辺では有名な喫茶店「コメダ珈琲店」。下丸子にお店がオープンしたと聞いたので、行ってみた。
 喫茶店なのにだだっ広い駐車場。ファミレスより広いかもしれない。中に入ると、レジの前には雑誌や新聞、子どものための絵本などが並べられている。b0076846_21473915.jpg

b0076846_2148077.jpg

 明るいログハウス調で、イスは赤いビロードのソファー。落ち着いた雰囲気。
 喫茶店なので、夕飯には物足りないかな。ランチするのにはちょうど良いメニューが並んでいる。
モーニングタイム11:00まではコーヒーを(400円)を注文すると、トーストとゆでたまごが無料でついてくる。コーヒーには豆のスナックがついてくる。
  
 ヒレカツ(860円)にはあたためた丸いパンが十字に切ってあり、バターがぬってある。ヒレカツが5個とポテトサラダ、刻んだキャベツがたっぷり。サラダにはサウザンアイランドと、自家製醤油のドレッシングがついてきた。パンにキャベツとカツを挟んでカツサンドにして食べた。パンがとてもおいしくて、追加で注文したら、バターとジャムがたっぷりついてきた。b0076846_21482664.jpg

 ハンバーガー(380円)は大きめの丸いパンが半分に切られていて、中には自家製らしきハンバーグと目玉焼き、レタスが入っていて、娘が注文したので、からしマヨネーズは別皿にしてつけてもらった。からしマヨネーズがいい!このハンバーガーはボリューム満点でおいしい。バンズの大きさにはびっくり。b0076846_21484792.jpg
 
 ブレンドコーヒー(400円)には袋に入った豆スナックがついてきた。これはお持ち帰りした。
 そして、デザートにシロノワール(580円)を注文。これはコメダ珈琲店の看板メニューらしい。
あたためられたデニッシュパン(6等分に切られている)の上にたっぷりのソフトクリームとチェリーがのっている。そして、メープルシロップがついてきた。これは一人で食べるには大きすぎると思ったら、ミニシロノワールというのもあった。ソフトクリームはかなりハードですぐには溶けない。デニッシュパンにしっかりメープルシロップを染み込ませて、さらにソフトクリームを溶かして、ひたひたにして食べるとおいしい。b0076846_214988.jpg

 パンがどれもおいしかった。給食に出てくるようなシンプルなパンなのだけど、ボリュームたっぷりでおいしい。モーニングのトーストが食べてみたい。
 長居してくつろぐにはとてもよいと思う。
夕飯にはご飯ものがないので、(グラタンはあったけど、ランチという感じ)あくまでも喫茶店。
 
 他に気になったメニューは、コーヒーシェイクとミックスジュース。
なんだか面白い入れ物に入っていた。そしてクリームソーダは長靴の形のグラスに入っている。アイスコーヒーはガムシロが最初から入っているみたい。
 都内に今後増えていくのかな?また行ってみたい。
[PR]
# by brubruce | 2008-01-02 22:01
 今年もよろしくお願いします。歓喜あふれる一年でありますように。Freude!

 お正月の食材の買出しに、昨日築地場外へ行った。
31日は築地市場はお休みだったけど、場外は開いているお店があった。お客さんもたくさんお正月用品を買出しに来ていた。
 朝ごはんを食べようと場外にある主人お勧めのお店に行こうとしたが、なんと30日で閉店していた。新大橋通り沿いにあるカウンターのお店で、オムハヤシなどの「シープ」というお店。
私は行ったことはなかったので、残念。
 娘がまぐろ丼が食べたいというので、路地を入ったところにある、「つきじかんの」というどんぶりもののお店で食べた。娘は「まぐろ丼」(700円)私は「ねぎとろいくら丼」(800円)。
 主人と息子はカレーライスを食べたという。
b0076846_012443.jpg


 そして、テリー伊藤のお兄さんの経営する、「丸武」で整理券をもらい、(年末だからなのか、整理券をもらったのは初めて。最近はそうなのかも)5分ほど待って玉子焼き(580円)を買う。昨日は1種類しかなかった。b0076846_0122495.jpg

 その後、角にある練り物のお店、「佃権」で伊達巻(1200円)を買う。伊達巻は子どもたちの大好物。ここのはふんわりなめらかで、おいしい。先日日曜日に来たとき、他のお店が殆どしまっていて、お客さんがあまりいなかったので、子どもたちはたくさん試食させてもらった。ここのおでんの種は私はとても好き。b0076846_0124365.jpg

 
 そして、ここ最近のお正月の食材として欠かせないのが、「たかさごの焼き豚」。ここのお店の人気はどんどん勢いを増していて、平日でもお客さんが絶えない。
焼き豚コロッケは我が家の大好物で、良く買うけど、年末には揚げ物は売っていなかった。
去年1時間待ちの行列が出来ていて、買うのが大変だったので、今年は早めに買っておこうと
28日の夕方にお店に行ってみた。煮立ての焼き豚が、トレーの上にごろごろしていて、もう一つのワゴンには奥から真空パックされた焼き豚がどんどん追加されている。それをお客さんが手に取って、飛ぶように売れている。グラム売りなので、ちょうどいい大きさのものを探して、お正月までもつように真空パック入りのものを購入した。(2500円くらい)
 お肉のあぶらがしつこくなく、やわらかく、とろけるような舌触りで、ここの焼き豚はやっぱりおいしかった。たれもおいしい。スライスしているものを買うより、やはり、塊の方がおいしいと思う。油の多いところと、少ないところと選べるみたいだけど、私は油が多いほうがおいしいと思う。ごはんの上に焼き豚と万能ネギをのせて、たれをかけて食べるのが好き。b0076846_013092.jpg
b0076846_1942586.jpg

 
[PR]
# by brubruce | 2008-01-02 00:14
 今日17:00~19:00にFMラジオ 中央FM (中央区のコミュニティFM局)84.0MHzで
先週行われた、中央区第九の会 トリトンスクエア公演が放送された。
解説も入り、シャコンヌと第九の第一楽章から最後までとアンコールのふるさとが2時間たっぷり放送された。
 練習の時も本番の時も自分たちの合唱がどんな感じで聞こえるのか分からなかったので、
とても楽しみだった。練習のとき指揮者に指摘されていたところはちゃんと歌えているだろうか?
コンサートホールではなく、ロビーなので、音響はどうなのだろう?パートごとのバランスはどうなのだろう?
 練習で指摘されたところは歌えていたと思う。合唱は思った以上に良かったと思う。
本番を体験したことは、なんだか一つ目標を達成したという満足感で、自信がついたと思う。
明日、あさって、ケーブルテレビの「東京ベイネット」で放送される。

【ケーブルテレビ放映】

「東京ベイネット」にて

パターンA(第九1・2・3楽章)
12月30日
(9ch)
午前10時00分~10時50分
午後4時00分~4時50分
(5ch)
午後11時00分~11時50分

12月31日
(9ch)
午後1時00分~1時50分
午後8時00分~8時50分

パターンB(第九4楽章・アンコール)
12月30日
(9ch)
午後1時00分~1時50分
午後8時00分~8時50分

12月31日
(9ch)
午前10時00分~10時50分
午後4時00分~4時50分
(5ch)
午後11時00分~11時50分
[PR]
# by brubruce | 2007-12-29 23:51
 昨日22日(土)、17:00~19:00中央区第九の会のトリトンスクエア公演が行われた。
おとといはゲネプロといわれるオープンリハーサルがあった。19:00~21:00
 年末の第九のはしりとされる演奏会が、1938年12月26.27日に中央区にある「歌舞伎座」で行われたという記録が残っており、中央区第九の会は70年後にあたる2008年に歌舞伎座で第九を演奏しようと活動してきた。
 そして、この実現にはかなりの困難があったようだが、2008年4月27日に歌舞伎座にて公演が決まった。
 オーケストラも合唱団もアマチュアで、合唱団員は中央区在住・在勤者を中心に募集され、300名ほどの合唱団となった。始めの登録時はアルト120名、ソプラノ90名、テノール47名、バス36名とかなりアンバランス。区内の中学校や小学校で4月から練習を重ねてきた。
練習は月2回ほどで、今まで第九を歌ったことのある方、普段合唱をされている方もたくさんおられたけど、第九を始めて歌うという方の参加がほどんど。年齢層も幅広く、一からの練習。トレーナーの先生のご尽力はそれはそれは大変なものだったと思う。夏の暑い中、汗だくで教室の中で練習した。途中いろいろなことがあり、何度も挫折しかけたけど、何とか続けてこられた。
 そして、昨日ついにお客さんを前にして、衣装を着て歌うという本番を迎えた。
b0076846_074489.jpg

以下のちに更新
 
[PR]
# by brubruce | 2007-12-23 23:59
 先日「∞プチプチ」を持っている人がいて、娘が異常に気に入って、遊んでいた。それが今、巷でとても流行っているらしく、入手困難と聞いて、今日これから買いに行くというママがいたので、お願いした。
 色は何種類かあるらしく、ボタンを押すと、プチプチと音がして、指の触感もプチプチに似ているといえば似ているかなぁという感じ。
そして、100回目(とみんなは言う)にニャーとかその都度違う音がする。ただそれだけ。
820円也
b0076846_23401864.jpg

b0076846_23403110.jpg

[PR]
# by brubruce | 2007-12-21 23:40
 先週の5日(水)に月島の西仲商店街の三番街に「焼きたてメロンパンの久栄」というメロンパンのお店がオープンした。新聞広告にチラシが入っていたので、行ってみた。
以前はたしか化粧品やさんだったはず…
あたりは焼きたてのパンのいいにおいが漂っていて、かわいらしい子どもの声の歌が流れている。「メロンパンの歌」らしい。「メロンパンにはメロンがはい~ってない♪」とか。
広めのお店の中に、オーブンが置かれていて、次々とメロンパンが焼かれている。オーブンから取り出した天板をそのまま目の前に置いて、すぐに売られている。まさに焼きたて。あつあつを紙の袋に入れてくれる。b0076846_2250092.jpg

 他にも板チョコが入っているという「チョコパイ」「アップルパイ」「スゥイートポテトパイ」も売られていた。私が行った時は待っている人がいなくて、すぐに買えた。
 その日は息子と娘のおやつとなり、私には一口しかもらえなかったので、次の日も買いにいった。b0076846_22502113.jpg

 紙袋はバターが染み出ていて、袋から出すと、まだあたたかい。お砂糖が少しかかっていて、外の皮はパリパリ。口に入れるとサクサク。中はびっくりするくらいフワフワ。中の生地はとろけてしまいそうなくらいやわらかい。これはおいしい!出来立て最高!
(紙袋に入れていたまま次の日食べたら、普通のメロンパンになっていたけど。)
 いろんなパン屋さんのメロンパンや、自分で作ったメロンパンや、コンビニなどメロンパンをいろいろ食べた。これは私好み。
 中学生の時、部活の先輩から教えてもらったヤマザキの「スペシャルメロンパン」がなぜか私のつぼにはまってナンバー1だった。普通のメロンパンの中に、ホイップクリームが入っていて、赤い丸いゼリーが一つ入っている。部活の後の食べ盛りの中学生にはめちゃめちゃおいしく感じた。
 高野のメロンパンはメロンパンブームの時、何度か買いにいった。皮がしっとり系で中に入っているメロンカスタードクリーム入りのメロンパン。一つ食べるとちょっともったりしてしまう。
クッキー生地系かしっとり系のどちらが好きかというと、クッキー生地系の方が好き。
 しばらくはまりそう。
[PR]
# by brubruce | 2007-12-08 22:53
 月島駅に数日前、突如ミニテニスコートが出現し、壁にはボールの形をした電球が、ボールのバウンドした形にライトが点灯して移動する。そこで誰かテニスでもするのかしらん?と思っていた。
 「オリンピックを日本に、2016年!」というキャンペーンで、大江戸線30駅で11月23日(金)~25日(日)と12月1日(土)~2日(日)の週末の5日間、スタンプラリーが行われるという。8競技以上のスタンプを集めると、ピンバッチとシールがもらえる。30の駅には、スタンプ台と、それぞれ、各駅にオリンピックで行われる各種目の展示物が置いてある。今日は新宿へ行くので、11月末まで毎週末買える、都営地下鉄「秋」のワンデーパスを購入し、(新宿だと260円かかるので往復で20円お得)スタンプラリーをしながら行くことになった。
 「月島」テニス、勝どき「フェンシング」、築地市場「テコンドー」、汐留「クレー射撃」、大門「自転車」、国立競技場前「体操」、代々木「ボート」、新宿「陸上競技」などなど。スタンプラリーをするには、それぞれの駅までの乗車券が必要と書いてある。スタンプ台は駅の中にある場合もあり、外にある場合もある。大江戸線はかなり深い駅が多いので、スタンプ台に上がるまで相当上まで行かなくてはならない駅がある。今日行った駅は比較的ホームからスタンプ台までの距離は遠くはなかったけど、「国立競技場」だけは違う改札の方へ出てしまい、大変だった。
改札が2つある駅は要注意。b0076846_10512.jpg

b0076846_102656.jpg

b0076846_104419.jpg

 バッチとシールをもらえる駅は、新宿西口、上野御徒町、門前仲町、大門、都庁前、練馬の各駅長事務室。
 東京オリンピック実現したら面白そう。晴海や築地のあたりが大きく変わるんだろうなぁ。
b0076846_1131.jpg

[PR]
# by brubruce | 2007-11-25 01:01
そらぷちキッズキャンプ 
 全国にいる20万人の難病とたたかう子どもたちが、安全に安心して自然の中で遊べるように、医師や看護師がいつも見守ってくれくれる特別なキャンプ場。
 小児ガンを始めとする血液、循環器、消化器、免疫不全、肝不全などの難病のため、自然とふれあうことが難しい子どもたちを対象として、無料で招待する予定。
 夏はグライダー、乗馬、釣り、カヌー、ハイキング、農作物の収穫体験、酪農見学、バーベキュー、キャンプファイアーなど、冬は、スキー、スノーボード、スノーモービル、雪合戦、ソリ滑り、かまくら作りなど。また、芝生でお昼寝したり、夜空の星を見たり…
 キャンプ場の場所は北海道の滝川市丸加高原。
施設の建設やキャンププログラムなどの運営にかかるお金は、そらぷちを応援する全国の個人、企業、団体、法人のみなさまの会費や寄付金によってまななわれる。(パンフレットより抜粋)
 今までにプレキャンプが夏冬あわせて6回おこなわれ、今年の9月下旬から施設建設がはじまり、本格的な開設に向けて着々と準備が進められている。
 このキャンプはアメリカで俳優ポールニューマンが創った難病児自然体験施設(ホール イン ザ ウォール ギャング キャンプ)がお手本となっている。

 そんなキャンプの実現に向けて、、「そらぷち」の地元の方が丹精こめて作られた農作物がチャリティーボックスとして販売された。建設費に売り上げの一部が充当されるという。限定300個だった。3500円(すでに完売)
 そして、今日その「そらぷちボックス」が手元に届いた。

 箱を開けてみると、ジャガイモ、玉ネギ、長いも、ごぼう、リンゴ、お米、そして菜の花ドレッシング(バジル)、野菜を使ったお料理のレシピやおすそ分け袋までついていた。
北海道から直送の新鮮な品物が入っていて嬉しい。今日の夕飯のビーフシチューに早速使って食べた。
 
 「そらぷちキッズキャンプ」実現するといいな。
b0076846_2251504.jpg
 
 
[PR]
# by brubruce | 2007-11-19 22:51