苺大福 翠江堂

 新川にある「翠江堂」。以前、苺大福をお友達からいただいて買いに行こうと思いながら、なかなか行けずにいて、先日手土産に苺大福を買おうと行ってみたら、なんと60年余年のお店が老朽化のため、新装することとになり、5月末にて本店を一時休業とのチラシが置いてあった。お店のおばさんに、聞いてみると、5月で苺も終わりで、12月までは苺がないので、その間に改装するとのこと。
お店においてあったパンフレットを見ると、晴海トリトンにの1Fにあった和菓子のお店が支店だったということを始めて知った。こちらの方は改装中も営業をしているそう。
 お店のショーケースには苺大福が沢山あり、定番商品の和風パウンド、どら焼き、道明寺、そして、季節ものの柏餅の味噌とあんこ、びわと種類は少なかったけど、どれもおいしそうだった。
 この苺大福は本当に絶品。お餅がびっくりするくらい柔らかくてもちもち、口にほお張ると、びよ~んと伸びる。苺はちっとも水っぽくなく、甘くてジューシーでこしあんと絶妙にマッチしている。
 先ほど、livedoor東京グルメを見てみたら、苺2個入りの大福があるらしい。どうも苺の季節以外の時期の商品らしいのだけど、それも食べてみたい。
昨日幼稚園の行事でのお土産がここの苺大福と和風パウンドだったので、めちゃめちゃ嬉しかった。5月中にもう一度買いに行こうかな。b0076846_22444153.jpg
b0076846_22452213.jpg

[PR]
by brubruce | 2007-05-19 22:48